アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド

少量だけ入荷! 『週刊モーニング2018.6.21号』に掲載、 漫画『神の雫〜マリアージュ〜』 で、 北京ダック とのマリアージュ候補として、岡田さんのワインが登場しました! 灌漑を避け、土壌奥深くに根を張るように育てたブドウで造るワインは… 『香りはもちろん、味わいも、こんなに複雑になるんですね。』 『素晴らしいピノの造り手であることは間違いない。』 と、 雫も絶賛のコメント! 作中で登場したのは、2015年のリザーブ物ですが、タカムラでは若樹から造られる スタンダード・キュベを販売中 です。 生産量が少なく、 在庫も残りわずか なので、気になる方は、お急ぎ下さい!! INFORMATIONNamePinot Noir Foliumブドウ品種ピノ・ノワール生産者名フォリウム産地ニュージーランド/マールボロRegionNew Zealand/Marlborough内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 楽天ブックスからの『神の雫』単行本の購入は、こちらから。 17連勝! 日本人が、NZで造る 本気の逸品!! 日本人ワイン・メーカー の活躍が目立つ、 NZ。 その地に、新たなるワイナリーが、誕生しました! 岡田岳樹(おかだたかき)氏 が、マルボーロで手掛ける、 『フォリウム・ヴィニャード』 です。 その、 初ヴィンテージ のお披露目会に、参加してきました! アメリカのワイン産業を支える、UCデイヴィス校や、仏ロワールの アンリ・ブルジョワ がNZで手掛ける クロ・アンリ でも経験を積んだ、まだ30代半ばの、岡田氏。 6haの畑を、収穫時など以外は、ひとりで仕事しているとか! 現在、フロム・ワイナリーを間借りしてのワイン醸造だそうですが、そんなところにも、NZの懐の広さを感じます。 そうして生まれたのは、ソーヴィニヨン・ブランと、ピノ・ノワール、それぞれ、スタンダードとリザーヴの、計4種。 ソーヴィニヨン・ブランは、さすが アンリ・ブルジョワ 譲りとあって、スタンダードは 瑞々しい果実味、 リザーヴには、より 密度があり、溌剌とした酸 が生きており、それぞれの個性が感じられました。 このスタイルを実現するため、全て、手摘みを行ったとか。(NZでは、珍しいそうです。) そして、ピノ・ノワールは… ■当主のコメント■ 『過度の抽出をせず、出汁のような美味しさを目指した。果実味の強さは、 マルボーロ のスタイルです。』 と、岡田氏が語っていたように、スタンダードは、 ふくらみのある果実味と樽のバランス を、リザーヴは、そこに、しっとりとしたニュアンスに、 より密度が加わった スタイルを感じました。 そんな 初リリース のワイン、お披露目会の際に、関係者の方から、気になる2つの話を、聞きました。 ■気になる話■ 『現地に行った際、岡田さんが、ウェリントンのワイン・ショップなどに、 17軒 に営業に行くのに同行したんです。 そしたら、なんと、 全ての訪問先が、どれかを買うって言ってくれて! 17連勝ですよ!!』 『拘りがあるんでしょうね、 厳しく選果 しちゃったみたいで…収穫後、数字見たら、『えっ、こんなに少ないの!?』って、驚いちゃいましたよ(汗)』 という訳で… 初リリース の話題も重なり、 入荷数が、かなり限られてしまいました(汗) 気になる方は、お早めに! 【ソーヴィニヨン・ブラン/スタンダードとリザーヴの違い】 ◇スタンダード→河川由来の小石や砂礫を多く含む、排水性の良い堆積土。 樹齢がリザーヴより7年ほど若い。密植率 2800本/ha ◇リザーヴ→粘土質と砂礫、小石を含む河川土壌が幾重にも重なった、堆積土。 樹齢はより高い。密植率4,200本/ha 【ピノ・ノワール/スタンダードとリザーヴの違い】 ◇スタンダード→樹齢が7年ほど若い。樽熟は約11ケ月。新樽比率25%。 ◇リザーヴ→樹齢がより高い。樽熟は約16ケ月。新樽比率33%。 ※土壌はいずれも、粘土質と、砂礫や小石を含む河川土壌が幾重にも重なり合った堆積土。

フォリウム ピノ ノワール 2014 フォリウム 赤ワイン 人気セール,お買い得

フォリウム ピノ ノワール 2014 フォリウム 赤ワイン 人気セール,お買い得 —— 4,000円


アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド

少量だけ入荷! 『週刊モーニング2018.6.21号』に掲載、 漫画『神の雫〜マリアージュ〜』 で、 北京ダック とのマリアージュ候補として、岡田さんのワインが登場しました! 灌漑を避け、土壌奥深くに根を張るように育てたブドウで造るワインは… 『香りはもちろん、味わいも、こんなに複雑になるんですね。』 『素晴らしいピノの造り手であることは間違いない。』 と、 雫も絶賛のコメント! 作中で登場したのは、2015年のリザーブ物ですが、タカムラでは若樹から造られる スタンダード・キュベを販売中 です。 生産量が少なく、 在庫も残りわずか なので、気になる方は、お急ぎ下さい!! INFORMATIONNamePinot Noir Foliumブドウ品種ピノ・ノワール生産者名フォリウム産地ニュージーランド/マールボロRegionNew Zealand/Marlborough内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 楽天ブックスからの『神の雫』単行本の購入は、こちらから。 17連勝! 日本人が、NZで造る 本気の逸品!! 日本人ワイン・メーカー の活躍が目立つ、 NZ。 その地に、新たなるワイナリーが、誕生しました! 岡田岳樹(おかだたかき)氏 が、マルボーロで手掛ける、 『フォリウム・ヴィニャード』 です。 その、 初ヴィンテージ のお披露目会に、参加してきました! アメリカのワイン産業を支える、UCデイヴィス校や、仏ロワールの アンリ・ブルジョワ がNZで手掛ける クロ・アンリ でも経験を積んだ、まだ30代半ばの、岡田氏。 6haの畑を、収穫時など以外は、ひとりで仕事しているとか! 現在、フロム・ワイナリーを間借りしてのワイン醸造だそうですが、そんなところにも、NZの懐の広さを感じます。 そうして生まれたのは、ソーヴィニヨン・ブランと、ピノ・ノワール、それぞれ、スタンダードとリザーヴの、計4種。 ソーヴィニヨン・ブランは、さすが アンリ・ブルジョワ 譲りとあって、スタンダードは 瑞々しい果実味、 リザーヴには、より 密度があり、溌剌とした酸 が生きており、それぞれの個性が感じられました。 このスタイルを実現するため、全て、手摘みを行ったとか。(NZでは、珍しいそうです。) そして、ピノ・ノワールは… ■当主のコメント■ 『過度の抽出をせず、出汁のような美味しさを目指した。果実味の強さは、 マルボーロ のスタイルです。』 と、岡田氏が語っていたように、スタンダードは、 ふくらみのある果実味と樽のバランス を、リザーヴは、そこに、しっとりとしたニュアンスに、 より密度が加わった スタイルを感じました。 そんな 初リリース のワイン、お披露目会の際に、関係者の方から、気になる2つの話を、聞きました。 ■気になる話■ 『現地に行った際、岡田さんが、ウェリントンのワイン・ショップなどに、 17軒 に営業に行くのに同行したんです。 そしたら、なんと、 全ての訪問先が、どれかを買うって言ってくれて! 17連勝ですよ!!』 『拘りがあるんでしょうね、 厳しく選果 しちゃったみたいで…収穫後、数字見たら、『えっ、こんなに少ないの!?』って、驚いちゃいましたよ(汗)』 という訳で… 初リリース の話題も重なり、 入荷数が、かなり限られてしまいました(汗) 気になる方は、お早めに! 【ソーヴィニヨン・ブラン/スタンダードとリザーヴの違い】 ◇スタンダード→河川由来の小石や砂礫を多く含む、排水性の良い堆積土。 樹齢がリザーヴより7年ほど若い。密植率 2800本/ha ◇リザーヴ→粘土質と砂礫、小石を含む河川土壌が幾重にも重なった、堆積土。 樹齢はより高い。密植率4,200本/ha 【ピノ・ノワール/スタンダードとリザーヴの違い】 ◇スタンダード→樹齢が7年ほど若い。樽熟は約11ケ月。新樽比率25%。 ◇リザーヴ→樹齢がより高い。樽熟は約16ケ月。新樽比率33%。 ※土壌はいずれも、粘土質と、砂礫や小石を含む河川土壌が幾重にも重なり合った堆積土。

フォリウム ピノ ノワール 2014 フォリウム 赤ワイン 得価,セール

フォリウム ピノ ノワール 2014 フォリウム 赤ワイン 得価,セール —— 4,000円


アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド

少量だけ入荷! 『週刊モーニング2018.6.21号』に掲載、 漫画『神の雫〜マリアージュ〜』 で、 北京ダック とのマリアージュ候補として、岡田さんのワインが登場しました! 灌漑を避け、土壌奥深くに根を張るように育てたブドウで造るワインは… 『香りはもちろん、味わいも、こんなに複雑になるんですね。』 『素晴らしいピノの造り手であることは間違いない。』 と、 雫も絶賛のコメント! 作中で登場したのは、2015年のリザーブ物ですが、タカムラでは若樹から造られる スタンダード・キュベを販売中 です。 生産量が少なく、 在庫も残りわずか なので、気になる方は、お急ぎ下さい!! INFORMATIONNamePinot Noir Foliumブドウ品種ピノ・ノワール生産者名フォリウム産地ニュージーランド/マールボロRegionNew Zealand/Marlborough内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 楽天ブックスからの『神の雫』単行本の購入は、こちらから。 17連勝! 日本人が、NZで造る 本気の逸品!! 日本人ワイン・メーカー の活躍が目立つ、 NZ。 その地に、新たなるワイナリーが、誕生しました! 岡田岳樹(おかだたかき)氏 が、マルボーロで手掛ける、 『フォリウム・ヴィニャード』 です。 その、 初ヴィンテージ のお披露目会に、参加してきました! アメリカのワイン産業を支える、UCデイヴィス校や、仏ロワールの アンリ・ブルジョワ がNZで手掛ける クロ・アンリ でも経験を積んだ、まだ30代半ばの、岡田氏。 6haの畑を、収穫時など以外は、ひとりで仕事しているとか! 現在、フロム・ワイナリーを間借りしてのワイン醸造だそうですが、そんなところにも、NZの懐の広さを感じます。 そうして生まれたのは、ソーヴィニヨン・ブランと、ピノ・ノワール、それぞれ、スタンダードとリザーヴの、計4種。 ソーヴィニヨン・ブランは、さすが アンリ・ブルジョワ 譲りとあって、スタンダードは 瑞々しい果実味、 リザーヴには、より 密度があり、溌剌とした酸 が生きており、それぞれの個性が感じられました。 このスタイルを実現するため、全て、手摘みを行ったとか。(NZでは、珍しいそうです。) そして、ピノ・ノワールは… ■当主のコメント■ 『過度の抽出をせず、出汁のような美味しさを目指した。果実味の強さは、 マルボーロ のスタイルです。』 と、岡田氏が語っていたように、スタンダードは、 ふくらみのある果実味と樽のバランス を、リザーヴは、そこに、しっとりとしたニュアンスに、 より密度が加わった スタイルを感じました。 そんな 初リリース のワイン、お披露目会の際に、関係者の方から、気になる2つの話を、聞きました。 ■気になる話■ 『現地に行った際、岡田さんが、ウェリントンのワイン・ショップなどに、 17軒 に営業に行くのに同行したんです。 そしたら、なんと、 全ての訪問先が、どれかを買うって言ってくれて! 17連勝ですよ!!』 『拘りがあるんでしょうね、 厳しく選果 しちゃったみたいで…収穫後、数字見たら、『えっ、こんなに少ないの!?』って、驚いちゃいましたよ(汗)』 という訳で… 初リリース の話題も重なり、 入荷数が、かなり限られてしまいました(汗) 気になる方は、お早めに! 【ソーヴィニヨン・ブラン/スタンダードとリザーヴの違い】 ◇スタンダード→河川由来の小石や砂礫を多く含む、排水性の良い堆積土。 樹齢がリザーヴより7年ほど若い。密植率 2800本/ha ◇リザーヴ→粘土質と砂礫、小石を含む河川土壌が幾重にも重なった、堆積土。 樹齢はより高い。密植率4,200本/ha 【ピノ・ノワール/スタンダードとリザーヴの違い】 ◇スタンダード→樹齢が7年ほど若い。樽熟は約11ケ月。新樽比率25%。 ◇リザーヴ→樹齢がより高い。樽熟は約16ケ月。新樽比率33%。 ※土壌はいずれも、粘土質と、砂礫や小石を含む河川土壌が幾重にも重なり合った堆積土。

フォリウム ピノ ノワール 2014 フォリウム 赤ワイン 新作入荷,新品

フォリウム ピノ ノワール 2014 フォリウム 赤ワイン 新作入荷,新品 —— 4,000円


アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド

少量だけ入荷! 『週刊モーニング2018.6.21号』に掲載、 漫画『神の雫〜マリアージュ〜』 で、 北京ダック とのマリアージュ候補として、岡田さんのワインが登場しました! 灌漑を避け、土壌奥深くに根を張るように育てたブドウで造るワインは… 『香りはもちろん、味わいも、こんなに複雑になるんですね。』 『素晴らしいピノの造り手であることは間違いない。』 と、 雫も絶賛のコメント! 作中で登場したのは、2015年のリザーブ物ですが、タカムラでは若樹から造られる スタンダード・キュベを販売中 です。 生産量が少なく、 在庫も残りわずか なので、気になる方は、お急ぎ下さい!! INFORMATIONNamePinot Noir Foliumブドウ品種ピノ・ノワール生産者名フォリウム産地ニュージーランド/マールボロRegionNew Zealand/Marlborough内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 楽天ブックスからの『神の雫』単行本の購入は、こちらから。 17連勝! 日本人が、NZで造る 本気の逸品!! 日本人ワイン・メーカー の活躍が目立つ、 NZ。 その地に、新たなるワイナリーが、誕生しました! 岡田岳樹(おかだたかき)氏 が、マルボーロで手掛ける、 『フォリウム・ヴィニャード』 です。 その、 初ヴィンテージ のお披露目会に、参加してきました! アメリカのワイン産業を支える、UCデイヴィス校や、仏ロワールの アンリ・ブルジョワ がNZで手掛ける クロ・アンリ でも経験を積んだ、まだ30代半ばの、岡田氏。 6haの畑を、収穫時など以外は、ひとりで仕事しているとか! 現在、フロム・ワイナリーを間借りしてのワイン醸造だそうですが、そんなところにも、NZの懐の広さを感じます。 そうして生まれたのは、ソーヴィニヨン・ブランと、ピノ・ノワール、それぞれ、スタンダードとリザーヴの、計4種。 ソーヴィニヨン・ブランは、さすが アンリ・ブルジョワ 譲りとあって、スタンダードは 瑞々しい果実味、 リザーヴには、より 密度があり、溌剌とした酸 が生きており、それぞれの個性が感じられました。 このスタイルを実現するため、全て、手摘みを行ったとか。(NZでは、珍しいそうです。) そして、ピノ・ノワールは… ■当主のコメント■ 『過度の抽出をせず、出汁のような美味しさを目指した。果実味の強さは、 マルボーロ のスタイルです。』 と、岡田氏が語っていたように、スタンダードは、 ふくらみのある果実味と樽のバランス を、リザーヴは、そこに、しっとりとしたニュアンスに、 より密度が加わった スタイルを感じました。 そんな 初リリース のワイン、お披露目会の際に、関係者の方から、気になる2つの話を、聞きました。 ■気になる話■ 『現地に行った際、岡田さんが、ウェリントンのワイン・ショップなどに、 17軒 に営業に行くのに同行したんです。 そしたら、なんと、 全ての訪問先が、どれかを買うって言ってくれて! 17連勝ですよ!!』 『拘りがあるんでしょうね、 厳しく選果 しちゃったみたいで…収穫後、数字見たら、『えっ、こんなに少ないの!?』って、驚いちゃいましたよ(汗)』 という訳で… 初リリース の話題も重なり、 入荷数が、かなり限られてしまいました(汗) 気になる方は、お早めに! 【ソーヴィニヨン・ブラン/スタンダードとリザーヴの違い】 ◇スタンダード→河川由来の小石や砂礫を多く含む、排水性の良い堆積土。 樹齢がリザーヴより7年ほど若い。密植率 2800本/ha ◇リザーヴ→粘土質と砂礫、小石を含む河川土壌が幾重にも重なった、堆積土。 樹齢はより高い。密植率4,200本/ha 【ピノ・ノワール/スタンダードとリザーヴの違い】 ◇スタンダード→樹齢が7年ほど若い。樽熟は約11ケ月。新樽比率25%。 ◇リザーヴ→樹齢がより高い。樽熟は約16ケ月。新樽比率33%。 ※土壌はいずれも、粘土質と、砂礫や小石を含む河川土壌が幾重にも重なり合った堆積土。

フォリウム ピノ ノワール 2014 フォリウム 赤ワイン 新作,品質保証

フォリウム ピノ ノワール 2014 フォリウム 赤ワイン 新作,品質保証 —— 4,000円


アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド

■輸入元資料より抜粋■ 『四人の使徒』 を意味し所有する畑に植わる 4つのブドウ 全てを必ず使用します。チョコレートやチェリーのニュアンスに、 熟した果実味と力強いタンニンと甘み を感じられる口当たりを兼ね備えたワインです。 INFORMATIONNameProvidence Four Apostlesブドウ品種生産者名プロヴィダンス産地ニュージーランド/オークランド/マタカナRegionNew Zealand/Auckland/Matakana内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating NZに、彗星のごとく出現! 『10本の極上メルロー』 にも選ばれました! 『世界最高のワイン』 と絶賛する人、疑いの目でみる人と、評価は様々でした。 なんといっても『亜硝酸無添加』という売り文句に、 『亜硝酸を一切使用せずに、本当に美味しいワインが出来るのだろうか?』 と、疑問を持たれた方は多いと思います。 私も実際に味わうまでは、亜硝酸を使わずに、こんなに凄いワインが出来るなんて、信じられませんでした。(但し、その時にはプロヴィダンスが手に入らなかったので、試飲したのはセカンド・ワインのマランガイでした。) 亜硝酸だけでなく、化学肥料や除草剤も使用せず、収穫もすべて手作業。出来るだけ自然のままの状態で産み出されるワインは、世界中のワイン通の常識を超える味わいです! また、収穫のタイミングは、糖や酸、pH値を分析して決めるのではなく、毎日午前中と午後の2回、畑に行ってブドウを食べてみて、 『今だ!』 と決めるそうです。 このプロヴィダンス、 『ワイン王国No8 世界のメルロ飲み比べ特集』 でも、 『10本の極上メルロー』 の1本として取り上げられています。 ワイン専門誌でも特集が組まれました。 ニュージーランドの北島、オークランドの近く、ハパイ・クミュー地区では ユーゴスラヴィアからの移民が住みつき、森林を開拓し、赤ワイン造りで成 功しつつあった。そうした移民の中にヴルティッチ家があった。 父の後を継いで、始めは兄弟でカベルネ・ソービニヨン系の赤ワインを造っ ていた。本業は弁護士だったジェームズが独立して、マタカナに土地を求め ワイナリーを興した。 ニュージーランドの気候や土質からカベルネ・ソービニヨンの将来に疑問を 持ったジェームズは、メルロに挑戦したのである。大好きなワインがサンテ ミリオンのシュヴァル・ブランだった関係もある。 このマタカナ渓谷に畑を買ったのは89年、わずか2haの畑に、90年から ワインを植え始めた。栽培比率はメルロ70%、カベルネ・フラン20%、 マルベック10%である。 (ワイン王国No8より) なかなか入手出来ない逸品ですので、どうぞお見逃しなくー!

フォーアポッスルズ 2013 プロヴィダンス 赤ワイン S tp お得,高品質

フォーアポッスルズ 2013 プロヴィダンス 赤ワイン S tp お得,高品質 —— 16,500円


アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド

■輸入元資料より抜粋■ 『四人の使徒』 を意味し所有する畑に植わる 4つのブドウ 全てを必ず使用します。チョコレートやチェリーのニュアンスに、 熟した果実味と力強いタンニンと甘み を感じられる口当たりを兼ね備えたワインです。 INFORMATIONNameProvidence Four Apostlesブドウ品種生産者名プロヴィダンス産地ニュージーランド/オークランド/マタカナRegionNew Zealand/Auckland/Matakana内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating NZに、彗星のごとく出現! 『10本の極上メルロー』 にも選ばれました! 『世界最高のワイン』 と絶賛する人、疑いの目でみる人と、評価は様々でした。 なんといっても『亜硝酸無添加』という売り文句に、 『亜硝酸を一切使用せずに、本当に美味しいワインが出来るのだろうか?』 と、疑問を持たれた方は多いと思います。 私も実際に味わうまでは、亜硝酸を使わずに、こんなに凄いワインが出来るなんて、信じられませんでした。(但し、その時にはプロヴィダンスが手に入らなかったので、試飲したのはセカンド・ワインのマランガイでした。) 亜硝酸だけでなく、化学肥料や除草剤も使用せず、収穫もすべて手作業。出来るだけ自然のままの状態で産み出されるワインは、世界中のワイン通の常識を超える味わいです! また、収穫のタイミングは、糖や酸、pH値を分析して決めるのではなく、毎日午前中と午後の2回、畑に行ってブドウを食べてみて、 『今だ!』 と決めるそうです。 このプロヴィダンス、 『ワイン王国No8 世界のメルロ飲み比べ特集』 でも、 『10本の極上メルロー』 の1本として取り上げられています。 ワイン専門誌でも特集が組まれました。 ニュージーランドの北島、オークランドの近く、ハパイ・クミュー地区では ユーゴスラヴィアからの移民が住みつき、森林を開拓し、赤ワイン造りで成 功しつつあった。そうした移民の中にヴルティッチ家があった。 父の後を継いで、始めは兄弟でカベルネ・ソービニヨン系の赤ワインを造っ ていた。本業は弁護士だったジェームズが独立して、マタカナに土地を求め ワイナリーを興した。 ニュージーランドの気候や土質からカベルネ・ソービニヨンの将来に疑問を 持ったジェームズは、メルロに挑戦したのである。大好きなワインがサンテ ミリオンのシュヴァル・ブランだった関係もある。 このマタカナ渓谷に畑を買ったのは89年、わずか2haの畑に、90年から ワインを植え始めた。栽培比率はメルロ70%、カベルネ・フラン20%、 マルベック10%である。 (ワイン王国No8より) なかなか入手出来ない逸品ですので、どうぞお見逃しなくー!

フォーアポッスルズ 2013 プロヴィダンス 赤ワイン S tp 大人気,豊富な

フォーアポッスルズ 2013 プロヴィダンス 赤ワイン S tp 大人気,豊富な —— 16,500円


アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド

■輸入元資料より抜粋■ 『四人の使徒』 を意味し所有する畑に植わる 4つのブドウ 全てを必ず使用します。チョコレートやチェリーのニュアンスに、 熟した果実味と力強いタンニンと甘み を感じられる口当たりを兼ね備えたワインです。 INFORMATIONNameProvidence Four Apostlesブドウ品種生産者名プロヴィダンス産地ニュージーランド/オークランド/マタカナRegionNew Zealand/Auckland/Matakana内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating NZに、彗星のごとく出現! 『10本の極上メルロー』 にも選ばれました! 『世界最高のワイン』 と絶賛する人、疑いの目でみる人と、評価は様々でした。 なんといっても『亜硝酸無添加』という売り文句に、 『亜硝酸を一切使用せずに、本当に美味しいワインが出来るのだろうか?』 と、疑問を持たれた方は多いと思います。 私も実際に味わうまでは、亜硝酸を使わずに、こんなに凄いワインが出来るなんて、信じられませんでした。(但し、その時にはプロヴィダンスが手に入らなかったので、試飲したのはセカンド・ワインのマランガイでした。) 亜硝酸だけでなく、化学肥料や除草剤も使用せず、収穫もすべて手作業。出来るだけ自然のままの状態で産み出されるワインは、世界中のワイン通の常識を超える味わいです! また、収穫のタイミングは、糖や酸、pH値を分析して決めるのではなく、毎日午前中と午後の2回、畑に行ってブドウを食べてみて、 『今だ!』 と決めるそうです。 このプロヴィダンス、 『ワイン王国No8 世界のメルロ飲み比べ特集』 でも、 『10本の極上メルロー』 の1本として取り上げられています。 ワイン専門誌でも特集が組まれました。 ニュージーランドの北島、オークランドの近く、ハパイ・クミュー地区では ユーゴスラヴィアからの移民が住みつき、森林を開拓し、赤ワイン造りで成 功しつつあった。そうした移民の中にヴルティッチ家があった。 父の後を継いで、始めは兄弟でカベルネ・ソービニヨン系の赤ワインを造っ ていた。本業は弁護士だったジェームズが独立して、マタカナに土地を求め ワイナリーを興した。 ニュージーランドの気候や土質からカベルネ・ソービニヨンの将来に疑問を 持ったジェームズは、メルロに挑戦したのである。大好きなワインがサンテ ミリオンのシュヴァル・ブランだった関係もある。 このマタカナ渓谷に畑を買ったのは89年、わずか2haの畑に、90年から ワインを植え始めた。栽培比率はメルロ70%、カベルネ・フラン20%、 マルベック10%である。 (ワイン王国No8より) なかなか入手出来ない逸品ですので、どうぞお見逃しなくー!

フォーアポッスルズ 2013 プロヴィダンス 赤ワイン S tp 得価,格安

フォーアポッスルズ 2013 プロヴィダンス 赤ワイン S tp 得価,格安 —— 16,500円


アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド

■輸入元資料より抜粋■ 『四人の使徒』 を意味し所有する畑に植わる 4つのブドウ 全てを必ず使用します。チョコレートやチェリーのニュアンスに、 熟した果実味と力強いタンニンと甘み を感じられる口当たりを兼ね備えたワインです。 INFORMATIONNameProvidence Four Apostlesブドウ品種生産者名プロヴィダンス産地ニュージーランド/オークランド/マタカナRegionNew Zealand/Auckland/Matakana内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating NZに、彗星のごとく出現! 『10本の極上メルロー』 にも選ばれました! 『世界最高のワイン』 と絶賛する人、疑いの目でみる人と、評価は様々でした。 なんといっても『亜硝酸無添加』という売り文句に、 『亜硝酸を一切使用せずに、本当に美味しいワインが出来るのだろうか?』 と、疑問を持たれた方は多いと思います。 私も実際に味わうまでは、亜硝酸を使わずに、こんなに凄いワインが出来るなんて、信じられませんでした。(但し、その時にはプロヴィダンスが手に入らなかったので、試飲したのはセカンド・ワインのマランガイでした。) 亜硝酸だけでなく、化学肥料や除草剤も使用せず、収穫もすべて手作業。出来るだけ自然のままの状態で産み出されるワインは、世界中のワイン通の常識を超える味わいです! また、収穫のタイミングは、糖や酸、pH値を分析して決めるのではなく、毎日午前中と午後の2回、畑に行ってブドウを食べてみて、 『今だ!』 と決めるそうです。 このプロヴィダンス、 『ワイン王国No8 世界のメルロ飲み比べ特集』 でも、 『10本の極上メルロー』 の1本として取り上げられています。 ワイン専門誌でも特集が組まれました。 ニュージーランドの北島、オークランドの近く、ハパイ・クミュー地区では ユーゴスラヴィアからの移民が住みつき、森林を開拓し、赤ワイン造りで成 功しつつあった。そうした移民の中にヴルティッチ家があった。 父の後を継いで、始めは兄弟でカベルネ・ソービニヨン系の赤ワインを造っ ていた。本業は弁護士だったジェームズが独立して、マタカナに土地を求め ワイナリーを興した。 ニュージーランドの気候や土質からカベルネ・ソービニヨンの将来に疑問を 持ったジェームズは、メルロに挑戦したのである。大好きなワインがサンテ ミリオンのシュヴァル・ブランだった関係もある。 このマタカナ渓谷に畑を買ったのは89年、わずか2haの畑に、90年から ワインを植え始めた。栽培比率はメルロ70%、カベルネ・フラン20%、 マルベック10%である。 (ワイン王国No8より) なかなか入手出来ない逸品ですので、どうぞお見逃しなくー!

フォーアポッスルズ 2013 プロヴィダンス 赤ワイン S tp 新作,正規品

フォーアポッスルズ 2013 プロヴィダンス 赤ワイン S tp 新作,正規品 —— 16,500円


アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド

私達も大好き! うま味たっぷり♪ ニュージーランド南島、ワイパラ・ヴァレーに居を構える、 『ブラック・エステート』 。 ボブ・キャンベル氏や、マイケル・クーパー氏といったマスターオブワインの方からも評価が高く、あの、 ジャンシス・ロビンソンも注目しているワイナリー です。 2014年に日本に正式入荷し、タカムラのバイヤーも現地訪問してきた思い入れのあるワイナリーで、このピノ・ノワールは、ワイナリーの目の前に広がる、緩やかな斜面の畑。 ピノ・ノワールとシャルドネは、 接ぎ木なしの樹 が植えられています。 先日、スタッフ勉強会で、改めて飲んでみました。 ふわりとエアリーかつ、滑らかで細やかな質感の果実、かつ、余韻にミネラルを感じさせるスタイル。 NZらしさの中に、どこか、出汁的な旨み も備えている、とても 完成度が高い自然派ピノ・ノワール です。 ブルゴーニュとよく似たテロワールが、ピノ・ノワールのポテンシャルを引き出しているとか。 勉強会終了後、 スタッフ達からも人気が高かったワイン 。 ワイパラ・ヴァレーの代表ワイナリーのひとつとして、是非、覚えて頂きたい逸品です! うま味たっぷり♪ ワイナリーの目の前に広がる、緩やかな斜面の畑。 ピノ・ノワールとシャルドネは、 接ぎ木なしの樹 が植えられています。 ふわりと エアリーかつ、滑らか で細やかな質感の果実、かつ、余韻にミネラルを感じさせるスタイル。 NZらしさの中に、どこか、 出汁的な旨み も備えています。 ■ワイン名(原語)/Black Estate Pinot Noir Black Estate ■ブドウ品種/ピノ・ノワール ■生産者名/ブラック・エステート ■産地/ニュ−ジーランド/南島/カンタベリー ■内容量/750ml

ブラック エステート ホーム ピノ ノワール 2015 ブラック エステート 赤ワイン 激安大特価,人気

ブラック エステート ホーム ピノ ノワール 2015 ブラック エステート 赤ワイン 激安大特価,人気 —— 3,700円


アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド

■ワイン名(原語)/Prophet's Rock Pinot Noir Prophet's Rock ■ブドウ品種/ピノ・ノワール ■生産者名/プロフェッツ・ロック ■産地/ニュージーランド/セントラル・オタゴ ■内容量/750ml

プロフェッツ ロック ピノ ノワール 2013 プロフェッツ ロック 赤ワイン 安い,100%新品

プロフェッツ ロック ピノ ノワール 2013 プロフェッツ ロック 赤ワイン 安い,100%新品 —— 4,400円


アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド

■ワイン名(原語)/Prophet's Rock Pinot Noir Prophet's Rock ■ブドウ品種/ピノ・ノワール ■生産者名/プロフェッツ・ロック ■産地/ニュージーランド/セントラル・オタゴ ■内容量/750ml

プロフェッツ ロック ピノ ノワール 2013 プロフェッツ ロック 赤ワイン 新作入荷,正規品

プロフェッツ ロック ピノ ノワール 2013 プロフェッツ ロック 赤ワイン 新作入荷,正規品 —— 4,400円


アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド

■ワイン名(原語)/Prophet's Rock Pinot Noir Prophet's Rock ■ブドウ品種/ピノ・ノワール ■生産者名/プロフェッツ・ロック ■産地/ニュージーランド/セントラル・オタゴ ■内容量/750ml

プロフェッツ ロック ピノ ノワール 2013 プロフェッツ ロック 赤ワイン 新品,新作登場

プロフェッツ ロック ピノ ノワール 2013 プロフェッツ ロック 赤ワイン 新品,新作登場 —— 4,400円


アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド

■ワイン名(原語)/Prophet's Rock Pinot Noir Prophet's Rock ■ブドウ品種/ピノ・ノワール ■生産者名/プロフェッツ・ロック ■産地/ニュージーランド/セントラル・オタゴ ■内容量/750ml

プロフェッツ ロック ピノ ノワール 2013 プロフェッツ ロック 赤ワイン 本物保証,大人気

プロフェッツ ロック ピノ ノワール 2013 プロフェッツ ロック 赤ワイン 本物保証,大人気 —— 4,400円


アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド

日本限定9セット! 世界最古にして最も権威のあるクリスタル工房と称される、フランスの 『サン・ルイ社』 が、このセットの為だけに製作したデキャンターと、 グランジ2012年 の、スペシャルパッケージも 1セットのみ入荷! こちら 日本に入荷したのは、たったの9セット 。 プレミア必至な超希少品 なので、気になる方は、お早めに! ペンフォールズのアイコン『グランジ』、そして世界的に有名なクリスタル『サン・ルイ』がパートナーシップを組んだコラボレーションアイテム。 このデャンタ−にはクリスタルとステンレスを組み合わせたキャディーとセットになっており、デャンタ−の底のポイントを支点にして、上品に回りながらワインのエアレーションを進める仕掛けが施されています。 グランジ 2012年 ワイン・アドヴォケート誌で99pt、ワインスペクテーター誌で97ptと好スコアを獲得のヴィンテージ。 サン・ルイ社がペンフォールズ・グランジのこのパッケージの為だけに製作したクリスタル製のデキャンタ。 手吹きで造られ、ダイヤモンドカット加工がなされる。 デャンタは、スチール製の台がペアになっており、デキャンタのポイントを中心に回転する仕掛けとなっている。 世界で最も権威のあるクリスタル工房であり、 世界最古の格調高きクリスタルブランド。 1586年、フランス・ロレーヌ地方にて前身のミュンツタール・ガラス工房として始まる。 1767年、ルイ15世から聖王ルイ9世にちなんだ"サン・ルイ|Saint Louis"の名称を受け「サンルイ王立ガラス工房」となる。 1787年、ガラスよりも透明度の高い鉛を含んだクリスタルの開発に成功し、世界のクリスタル工房の先駆けとなった。それを受け、王立科学アカデミーから「サン・ルイ王立クリスタル工房」という呼び名を与えられ現代に至っている。 伝統的な技術を継承しながらも現代の技術でものづくりを続けるサン・ルイのクリスタルは、全て職人によるハンドカットであり、宝石のように光り輝く。 輸入元様資料より抜粋 INFORMATIONNamePenfolds Grange & Saint-Louisブドウ品種シラーズ98%/カベルネ・ソーヴィニヨン2%生産者名ペンフォールズ産地オーストラリアRegionAustralia内容量750mlWA99/Issue 1st Nov 2017WS97/Issue Feb 28, 2017※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 誰もが認める… オーストラリアの最高峰! 先ずはお試し下さい!! オーストラリア・ワインの歴史を語る時、欠かせないのがペンフォールドです。 ペンフォールドの生み出すワインは、その数、何と、約1400万ケース。しかし、生産量の多さにかかわらず、手頃なものから、 最高峰のグランジ まで、そのどれもが高く評価されているというのは、ブドウの個性を生かしたワイン造り、土地を大切にした葡萄栽培の賜物と言えるのではないでしょうか。 南オーストラリア州、バロッサ・ヴァレーにある、ペンフォールドのワイナリーを訪れた際感じた印象は、その事を裏付けるように、大規模ながら、ゲストを迎えるスタッフの温かさ、自分達のワインに対しての誇りが感じられ、正に、 名実共にオーストラリア・ワイン界を代表 するに相応しいものでした。 南オーストラリア州マギルに、 1844年 、創設者のクリストファー・ローソン・ペンフォールド氏が最初の畑を取得。 この 偉大なワイナリー の歴史の第一歩は、ここから始まりました。 それから100年ほどの間、当時の風潮から、他のワイナリー同様、ポート・ワインのような、酒精強化ワイン造りを主とし、イギリスなどに輸出していました。 1950年、当時のチーフ・ワイン・メーカーだったマックス・シュバート氏が、ヨーロッパを旅し、ボルドーを訪れた事から、このワイナリーにとっての、大きな転機が訪れます。 旅から戻ったシュバート氏は、当時、誰も考えなかったボルドーのワイン造りのスタイルを開拓、酒精強化でない、現在の主流となったワインの品質向上に大きく貢献します。 そうして彼が生み出したのが、現在も 『オーストラリア・ワインの最高峰』 と言われるグランジ。 ですが、その道は当初、 順風満帆ではありません でした。辛酸を舐めざるを得なかったのは、先駆者ゆえの辛さ。当時、彼の考えが間違っていなかった事を証明するには、数年の年月がかかりました。 こうした、シュバート氏の 勇気ある改革 、ワインに対しての 熱い想い があって、現在もオーストラリア・ワイン界に 君臨 するペンフォールド。現在に続く絶え間ない品質への追求が、この座を 揺ぎ無い物 にしています。 グランジは別格かもしれませんが、普段飲みのものも、安心してお勧めできる、高品質ワインが揃っています。 数々のワインが、 頻繁にワイン雑誌 などで紹介されているのがその証拠。 国内外で、良い意味でブランド力のあるワイナリー。それは、ペンフォールドの 名に恥じないワイン を送り出し続けているからこそなのです。

ペンフォールズ グランジ 2012 & サン ルイ リミテッド エディション 赤ワイン デキャンタ 赤ワイン tp S 人気定番,得価

ペンフォールズ グランジ 2012 & サン ルイ リミテッド エディション 赤ワイン デキャンタ 赤ワイン tp S 人気定番,得価 —— 189,200円


アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド

日本限定30本! 既に、一部専門誌やメディアで話題になっていた、 グランジの世界的限定品『g3』 がタカムラに入荷しました! 『g3』は… パーカーポイントで100点を獲得した2008年。 99点を獲得した2012年。 まだリリース前の2014年。 この 3種をブレンド した、 規格外のグランジ なのです! 全世界で僅か1200本しか生産されておらず、 日本には30本 しか入荷していないという極少量の割当品が、今なら タカムラに1本だけあります!! 早い物勝ちです!! g3 = グランジ 2008年 + 2012年 + 2014年 それ以上でもそれ以下でもない、これらを掛け合わせた芸術品。 ■輸入元様資料より抜粋■ ワイン・スペクテーター誌及び、パーカー・ポイントの両誌で初めて100点を獲得した2008年。 パーカーポイントで99点を獲得した2012年。 そして秀逸なヴィンテージと予測される2014年のグランジをブレンドして完成させた、常識を打ち破る新しいグランジ。 全世界で1200本限定。 日本には30本のみ限定輸入。 【醸造責任者 ピーター・ゲイゴ氏のコメント】 『2008年がこのワインの方向性を示し、2012年は美しい優雅な味わい、光沢、バランスをもたらし、2014年は勢いをもたらした。 g3は、単なる2008年、2012年、そして2014年のブレンドではない。 全く別の味わいがある。』 INFORMATIONNamePenfolds g3ブドウ品種シラーズ/カベルネ・ソーヴィニヨン生産者名ペンフォールズ産地オーストラリアRegionAustralia内容量750mlWA97/Issue 1st Nov 2017WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 誰もが認める… オーストラリアの最高峰! 先ずはお試し下さい!! オーストラリア・ワインの歴史を語る時、欠かせないのがペンフォールドです。 ペンフォールドの生み出すワインは、その数、何と、約1400万ケース。しかし、生産量の多さにかかわらず、手頃なものから、 最高峰のグランジ まで、そのどれもが高く評価されているというのは、ブドウの個性を生かしたワイン造り、土地を大切にした葡萄栽培の賜物と言えるのではないでしょうか。 南オーストラリア州、バロッサ・ヴァレーにある、ペンフォールドのワイナリーを訪れた際感じた印象は、その事を裏付けるように、大規模ながら、ゲストを迎えるスタッフの温かさ、自分達のワインに対しての誇りが感じられ、正に、 名実共にオーストラリア・ワイン界を代表 するに相応しいものでした。 南オーストラリア州マギルに、 1844年 、創設者のクリストファー・ローソン・ペンフォールド氏が最初の畑を取得。 この 偉大なワイナリー の歴史の第一歩は、ここから始まりました。 それから100年ほどの間、当時の風潮から、他のワイナリー同様、ポート・ワインのような、酒精強化ワイン造りを主とし、イギリスなどに輸出していました。 1950年、当時のチーフ・ワイン・メーカーだったマックス・シュバート氏が、ヨーロッパを旅し、ボルドーを訪れた事から、このワイナリーにとっての、大きな転機が訪れます。 旅から戻ったシュバート氏は、当時、誰も考えなかったボルドーのワイン造りのスタイルを開拓、酒精強化でない、現在の主流となったワインの品質向上に大きく貢献します。 そうして彼が生み出したのが、現在も 『オーストラリア・ワインの最高峰』 と言われるグランジ。 ですが、その道は当初、 順風満帆ではありません でした。辛酸を舐めざるを得なかったのは、先駆者ゆえの辛さ。当時、彼の考えが間違っていなかった事を証明するには、数年の年月がかかりました。 こうした、シュバート氏の 勇気ある改革 、ワインに対しての 熱い想い があって、現在もオーストラリア・ワイン界に 君臨 するペンフォールド。現在に続く絶え間ない品質への追求が、この座を 揺ぎ無い物 にしています。 グランジは別格かもしれませんが、普段飲みのものも、安心してお勧めできる、高品質ワインが揃っています。 数々のワインが、 頻繁にワイン雑誌 などで紹介されているのがその証拠。 国内外で、良い意味でブランド力のあるワイナリー。それは、ペンフォールドの 名に恥じないワイン を送り出し続けているからこそなのです。

ペンフォールズ g3 赤ワイン tp S 驚きの破格値,限定SALE

ペンフォールズ g3 赤ワイン tp S 驚きの破格値,限定SALE —— 162,200円


アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド

■輸入元様資料より抜粋■ 【原料ぶどう情報】 ニュージーランド セントラル・オタゴ ベンディゴ地区 【ぶどう品種】 ピノ・ノワール 100% 【醸造】 ベンディゴ ヴィンヤードはチャイナマンズ テラス北側の素晴らしい日当たりの斜面に位置し、結晶片岩と石英を含む粘土と石灰岩の土壌です。 ブドウが完全に満足いく凝縮感を持つまで剪定と房の間引き管理が徹底して⾏われます 。2014年ヴィンテージは、天候が良好だった春のあとは、クリスマス〜新年までは不安定でしたが、1月2週目から気温が上昇し、そのまま夏と秋ともに天候に恵まれました。そのため、ブドウの成熟期間が⻑く、 凝縮感に富んだアロマティックな果実 となりました。 収穫は4⽉中旬に⾏われました。 ⼿積みされたブドウは低温安定された後、 天然酵⺟のみを使用して発酵 、バトナージュを経て17ヶ月間ブルゴーニュから取り寄せたフレンチオーク樽にて熟成されました。新樽⽐率は35% フィルタリングは⾏わず、ディアムコルクを使⽤し2015年11月11日にボトリングされました。 【製品コメント】 色合いは魅惑的なルビー色。 ラズベリーやチェリーの豊かな香り と スパイシーなアロマ が感じられます。芳醇なアロマは シルクのようなに滑らかなタンニン と バランスのとれた酸味 とともに⼝の中で絶妙に調和され、そして ⻑い余韻 を奏でます。 生産本数 17,772本 【召し上がり方】 ラム肉のステーキ 、 フォアグラのソテー 、 サーモン などとよく合います。 【飲み頃】 リリース後6〜10年後 【テクニカルデータ】 アルコール度数 14% pH 3.6 酸度 5.2g/l INFORMATIONNameHome Vineyard Pinot Noir Prophet's Rockブドウ品種ピノ・ノワール生産者名プロフェッツ・ロック産地ニュージーランド/セントラル・オタゴRegionNew Zealand/Central Otago内容量750mlWA92/Issue 1st Mar 2018WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating

ホーム ヴィンヤード ピノ ノワール 2014 プロフェッツ ロック 赤ワイン 100%新品,低価

ホーム ヴィンヤード ピノ ノワール 2014 プロフェッツ ロック 赤ワイン 100%新品,低価 —— 4,700円


アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド

■輸入元様資料より抜粋■ 【原料ぶどう情報】 ニュージーランド セントラル・オタゴ ベンディゴ地区 【ぶどう品種】 ピノ・ノワール 100% 【醸造】 ベンディゴ ヴィンヤードはチャイナマンズ テラス北側の素晴らしい日当たりの斜面に位置し、結晶片岩と石英を含む粘土と石灰岩の土壌です。 ブドウが完全に満足いく凝縮感を持つまで剪定と房の間引き管理が徹底して⾏われます 。2014年ヴィンテージは、天候が良好だった春のあとは、クリスマス〜新年までは不安定でしたが、1月2週目から気温が上昇し、そのまま夏と秋ともに天候に恵まれました。そのため、ブドウの成熟期間が⻑く、 凝縮感に富んだアロマティックな果実 となりました。 収穫は4⽉中旬に⾏われました。 ⼿積みされたブドウは低温安定された後、 天然酵⺟のみを使用して発酵 、バトナージュを経て17ヶ月間ブルゴーニュから取り寄せたフレンチオーク樽にて熟成されました。新樽⽐率は35% フィルタリングは⾏わず、ディアムコルクを使⽤し2015年11月11日にボトリングされました。 【製品コメント】 色合いは魅惑的なルビー色。 ラズベリーやチェリーの豊かな香り と スパイシーなアロマ が感じられます。芳醇なアロマは シルクのようなに滑らかなタンニン と バランスのとれた酸味 とともに⼝の中で絶妙に調和され、そして ⻑い余韻 を奏でます。 生産本数 17,772本 【召し上がり方】 ラム肉のステーキ 、 フォアグラのソテー 、 サーモン などとよく合います。 【飲み頃】 リリース後6〜10年後 【テクニカルデータ】 アルコール度数 14% pH 3.6 酸度 5.2g/l INFORMATIONNameHome Vineyard Pinot Noir Prophet's Rockブドウ品種ピノ・ノワール生産者名プロフェッツ・ロック産地ニュージーランド/セントラル・オタゴRegionNew Zealand/Central Otago内容量750mlWA92/Issue 1st Mar 2018WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating

ホーム ヴィンヤード ピノ ノワール 2014 プロフェッツ ロック 赤ワイン 人気SALE,HOT

ホーム ヴィンヤード ピノ ノワール 2014 プロフェッツ ロック 赤ワイン 人気SALE,HOT —— 4,700円


アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド

■輸入元様資料より抜粋■ 【原料ぶどう情報】 ニュージーランド セントラル・オタゴ ベンディゴ地区 【ぶどう品種】 ピノ・ノワール 100% 【醸造】 ベンディゴ ヴィンヤードはチャイナマンズ テラス北側の素晴らしい日当たりの斜面に位置し、結晶片岩と石英を含む粘土と石灰岩の土壌です。 ブドウが完全に満足いく凝縮感を持つまで剪定と房の間引き管理が徹底して⾏われます 。2014年ヴィンテージは、天候が良好だった春のあとは、クリスマス〜新年までは不安定でしたが、1月2週目から気温が上昇し、そのまま夏と秋ともに天候に恵まれました。そのため、ブドウの成熟期間が⻑く、 凝縮感に富んだアロマティックな果実 となりました。 収穫は4⽉中旬に⾏われました。 ⼿積みされたブドウは低温安定された後、 天然酵⺟のみを使用して発酵 、バトナージュを経て17ヶ月間ブルゴーニュから取り寄せたフレンチオーク樽にて熟成されました。新樽⽐率は35% フィルタリングは⾏わず、ディアムコルクを使⽤し2015年11月11日にボトリングされました。 【製品コメント】 色合いは魅惑的なルビー色。 ラズベリーやチェリーの豊かな香り と スパイシーなアロマ が感じられます。芳醇なアロマは シルクのようなに滑らかなタンニン と バランスのとれた酸味 とともに⼝の中で絶妙に調和され、そして ⻑い余韻 を奏でます。 生産本数 17,772本 【召し上がり方】 ラム肉のステーキ 、 フォアグラのソテー 、 サーモン などとよく合います。 【飲み頃】 リリース後6〜10年後 【テクニカルデータ】 アルコール度数 14% pH 3.6 酸度 5.2g/l INFORMATIONNameHome Vineyard Pinot Noir Prophet's Rockブドウ品種ピノ・ノワール生産者名プロフェッツ・ロック産地ニュージーランド/セントラル・オタゴRegionNew Zealand/Central Otago内容量750mlWA92/Issue 1st Mar 2018WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating

ホーム ヴィンヤード ピノ ノワール 2014 プロフェッツ ロック 赤ワイン 安い,高品質

ホーム ヴィンヤード ピノ ノワール 2014 プロフェッツ ロック 赤ワイン 安い,高品質 —— 4,700円


アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド

■輸入元様資料より抜粋■ 【原料ぶどう情報】 ニュージーランド セントラル・オタゴ ベンディゴ地区 【ぶどう品種】 ピノ・ノワール 100% 【醸造】 ベンディゴ ヴィンヤードはチャイナマンズ テラス北側の素晴らしい日当たりの斜面に位置し、結晶片岩と石英を含む粘土と石灰岩の土壌です。 ブドウが完全に満足いく凝縮感を持つまで剪定と房の間引き管理が徹底して⾏われます 。2014年ヴィンテージは、天候が良好だった春のあとは、クリスマス〜新年までは不安定でしたが、1月2週目から気温が上昇し、そのまま夏と秋ともに天候に恵まれました。そのため、ブドウの成熟期間が⻑く、 凝縮感に富んだアロマティックな果実 となりました。 収穫は4⽉中旬に⾏われました。 ⼿積みされたブドウは低温安定された後、 天然酵⺟のみを使用して発酵 、バトナージュを経て17ヶ月間ブルゴーニュから取り寄せたフレンチオーク樽にて熟成されました。新樽⽐率は35% フィルタリングは⾏わず、ディアムコルクを使⽤し2015年11月11日にボトリングされました。 【製品コメント】 色合いは魅惑的なルビー色。 ラズベリーやチェリーの豊かな香り と スパイシーなアロマ が感じられます。芳醇なアロマは シルクのようなに滑らかなタンニン と バランスのとれた酸味 とともに⼝の中で絶妙に調和され、そして ⻑い余韻 を奏でます。 生産本数 17,772本 【召し上がり方】 ラム肉のステーキ 、 フォアグラのソテー 、 サーモン などとよく合います。 【飲み頃】 リリース後6〜10年後 【テクニカルデータ】 アルコール度数 14% pH 3.6 酸度 5.2g/l INFORMATIONNameHome Vineyard Pinot Noir Prophet's Rockブドウ品種ピノ・ノワール生産者名プロフェッツ・ロック産地ニュージーランド/セントラル・オタゴRegionNew Zealand/Central Otago内容量750mlWA92/Issue 1st Mar 2018WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating

ホーム ヴィンヤード ピノ ノワール 2014 プロフェッツ ロック 赤ワイン 正規品,限定SALE

ホーム ヴィンヤード ピノ ノワール 2014 プロフェッツ ロック 赤ワイン 正規品,限定SALE —— 4,700円


アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド

■輸入元様資料より抜粋■ ピノノワール60%、シャルドネ40%。ジェームスハリデー/ 95ポイント 。 ワイン評論家のジェームス・ハリデーは 世界に誇れる『オーストラリアNo1スパークリング』である と評しています。 『マセドン』と名付けられたスパークリングワインは3種類リリースされています。 ベースとなるワインはマロラクティック醗酵し、樽熟成として4年を費やします。このワインが3種類のマセドンの元となります。 また知って頂きたいのがこの過程まで樽熟成ワインには 一切So2等の酸化防止剤は不使用 であること。もちろん瓶詰め後にも使用されていませんが。ロゼ・スタイルの『マセドン・ロゼNV』は4年の樽熟成の後、2次醗酵と瓶熟に5年かけた後に、澱引き、色づけのピノノワールを加えてリリースされます。 簡単に色づけと一言にいっても非常に神経を使う作業でロブとルースは微妙なブレンドの加減を見極めます。このようにして 非常に贅沢に作られた辛口のロゼ・スパークリングワイン となります。 英ワイン専門誌『Decanter』 2004年2月号オーストラリアワイン特集にて、 トップ10にランクイン! “Champagne”がそう呼ばれる所以にちなんで、ハンギング・ロック・ワイナリーのスパークリングワインは “マセドンMacedon” と名付けられました。 ヴィクトリア州のちょうど中央、メルボルンからは車で約1時間のマセドン・レンジズ地区は非常に冷涼な産地で、自社畑のあるジムジム山の標高は700m。ジョン・エリスがこの地を選んだのは、 シャンパーニュに気候条件が似ているため で、 最高品質のスパークリングワインを造るため でした。 INFORMATIONNameMacedon Cuvee Rose Hanging Rock Wineryブドウ品種ピノノワール/シャルドネ生産者名ハンギング ロック ワイナリー産地オーストラリア/ヴィクトリア/マセドンRegionAustralia/Victoria/Macedon内容量750mlWA−/Issue −WS90/Issue Aug 31, 2018※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating POPで美味いオーストラリア登場!! 国土の広さ、その人種の多様性と同じく、様々なワインを生み出しているオーストラリア。 オーストラリア・ワイン造りのスタートは、1788年、ニュー・サウス・ウェールズ州にキャプテン・アーサー・フィリップが行った植樹から始まったと言われ、国としての歴史と、ほぼ時を同じくして始まりました。 現在、大小、数多くのワイナリーがある中でも、オーストラリア・ワイン界で、その名を知らぬ者は居ないほどの存在の二つのワイナリーがあります。 ひとつは、古い歴史を持ち、デイリーなワインから、オークション・クラスのワインまでを生み出す老舗ティレルズ。もうひとつは、設立から約30年、品質の高さ、規模の大きさで名を馳せるローズマウント・エステイト。 この2つのワイナリーの歴史に、不可欠な2人。それが、現在、ハンギング・ロック・ワイナリーを所有する、ジョン・エリスとアン・エリスです。 夫、ジョン・エリス。ローズマウント・エステイトの初代ワイン・メーカーであり、ローズマウント・エステイトの地位を確立した人物です。その他のワイナリーでも、彼の手により、数々の素晴らしいワインが世に送り出されてきました。 『彼の元で働けるなんて、本当に幸せだよ。』現在、畑の管理責任者である、ベンは、ジョンと働ける事をとても誇りにしていました。 妻、アン・エリス。彼女の実家は、実は、老舗ティレルズなのです。(現在、彼女の兄がティレルズを経営しています。)かつて自らもアシスタント・ワイン・メーカーとして活躍、正に生まれながらに、ワインと共に歩んできた人です。 この2人が出会い、二人の夢が形になったのが、ハンギング・ロック・ワイナリーです。1982年設立。ジョンは現在、ハンギング・ロックの主任ワイン・メーカーをしながら、他のワイナリーのコンサルティングもしています。アニー(アンは周りからこう呼ばれています。)は、今、ハンギング・ロック・ワイナリーのまとめ役的存在のママです。 ハンギング・ロック・ワイナリーがある、マセドンは、ヴィクトリア州メルボルンから、車で約一時間の所にあります。中小規模のワイナリーばかりであるため、生産量がさほど多くなく、ヴィクトリア州のレストランやメルボルンのショップに卸される事が多いため、ワイン産地としての知名度はあまり高くありませんが、ハンギング・ロックの他にも、高く評価されるワイナリーが存在する地域です。 ハンギング・ロック・ワイナリーは、現在、ブレンド、単一品種、どちらのワインも、そのブドウ品種にあった場所で育ったブドウから、ブドウの個性を引き出したワイン造りで、高く評価されています。 さほど大きな規模ではないにも関わらず、そのワインは、イギリスやアメリカ、イタリア、アジアからも引き合いがあり、カジュアルなものから、限定生産ワインまで既に世界にファンを持っています。 ────────────────────────────────── ■■ ジェームス・ハリディ氏著『オーストラリア& ニュージーランド・ワイン・コンパニオン』より抜粋 ■■ ────────────────────────────────── ハンギング・ロック・ワイナリー マセドン地区は、葡萄栽培地域として、気候的に極限の場所にある。ハンギング・ロックを向こうに望み、美しい景観を持つ、ハンギング・ロック・ワイナリーも、その例に漏れない。 ジョン・エリスは、その点を踏まえ、ヴィクトリア州各地からの厳選したブドウを使用する事で、多様性、個性、魅力あるワインを生み出している。 低価格帯のロック・ホワイト、ロック・レッドは、その鮮烈なラベルで、特に人気が高い。 ★★★☆ ────────────────────────────────── ハンギング・ロックの名は、このワイナリーから眺める事の出来る岩山『ハンギング・ロック』から名付けられました。地元の人もハイキングに出掛けるその山は、昔『ピクニック・アット・ハンギング・ロック』と言う映画の舞台にもなった場所です。 2001年の収穫期、私はこのワイナリーで、家族、スタッフと共に生活を共にし、働き、ハンギング・ロックのワインにより深く触れる機会がありました。 ひとつの家族のように、楽しく働くスタッフ、ひと度、ブドウが運び込まれてくると、深夜まで働く事もいとわない姿勢。 ヴィンテージ・ワインや各国のワインも楽しむ、広い見識、柔軟な姿勢にふれ、彼らのワインの原点を知った事で、いつか、皆さ んに、ここのワインを飲んで頂きたいと、ずっと思っていました。 裏山には、野生のカンガルーがヒョッコリ現れることもある、自然に囲まれたワイナリーは、近郊から、多くの人が車で訪れ、その景色を楽しみ、ワインを買って帰ります。多様性のある、オーストラリアの気候、土壌を生かして生み出される、ハンギング・ロック・ワイナリーのワイン。 ジョンとアニーの2人、それを支える温かなスタッフが居るからこそ、こんなワインを生み出す事が出来るのです。 ※どのワインも、ブドウの良さが前面に出ています。

マセドン ブリュット キュベ ロゼNVハンギング ロック ワイナリー 泡 ロゼ 新品,2019

マセドン ブリュット キュベ ロゼNVハンギング ロック ワイナリー 泡 ロゼ 新品,2019 —— 4,400円


アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド

■輸入元様資料より抜粋■ ピノノワール60%、シャルドネ40%。ジェームスハリデー/ 95ポイント 。 ワイン評論家のジェームス・ハリデーは 世界に誇れる『オーストラリアNo1スパークリング』である と評しています。 『マセドン』と名付けられたスパークリングワインは3種類リリースされています。 ベースとなるワインはマロラクティック醗酵し、樽熟成として4年を費やします。このワインが3種類のマセドンの元となります。 また知って頂きたいのがこの過程まで樽熟成ワインには 一切So2等の酸化防止剤は不使用 であること。もちろん瓶詰め後にも使用されていませんが。ロゼ・スタイルの『マセドン・ロゼNV』は4年の樽熟成の後、2次醗酵と瓶熟に5年かけた後に、澱引き、色づけのピノノワールを加えてリリースされます。 簡単に色づけと一言にいっても非常に神経を使う作業でロブとルースは微妙なブレンドの加減を見極めます。このようにして 非常に贅沢に作られた辛口のロゼ・スパークリングワイン となります。 英ワイン専門誌『Decanter』 2004年2月号オーストラリアワイン特集にて、 トップ10にランクイン! “Champagne”がそう呼ばれる所以にちなんで、ハンギング・ロック・ワイナリーのスパークリングワインは “マセドンMacedon” と名付けられました。 ヴィクトリア州のちょうど中央、メルボルンからは車で約1時間のマセドン・レンジズ地区は非常に冷涼な産地で、自社畑のあるジムジム山の標高は700m。ジョン・エリスがこの地を選んだのは、 シャンパーニュに気候条件が似ているため で、 最高品質のスパークリングワインを造るため でした。 INFORMATIONNameMacedon Cuvee Rose Hanging Rock Wineryブドウ品種ピノノワール/シャルドネ生産者名ハンギング ロック ワイナリー産地オーストラリア/ヴィクトリア/マセドンRegionAustralia/Victoria/Macedon内容量750mlWA−/Issue −WS90/Issue Aug 31, 2018※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating POPで美味いオーストラリア登場!! 国土の広さ、その人種の多様性と同じく、様々なワインを生み出しているオーストラリア。 オーストラリア・ワイン造りのスタートは、1788年、ニュー・サウス・ウェールズ州にキャプテン・アーサー・フィリップが行った植樹から始まったと言われ、国としての歴史と、ほぼ時を同じくして始まりました。 現在、大小、数多くのワイナリーがある中でも、オーストラリア・ワイン界で、その名を知らぬ者は居ないほどの存在の二つのワイナリーがあります。 ひとつは、古い歴史を持ち、デイリーなワインから、オークション・クラスのワインまでを生み出す老舗ティレルズ。もうひとつは、設立から約30年、品質の高さ、規模の大きさで名を馳せるローズマウント・エステイト。 この2つのワイナリーの歴史に、不可欠な2人。それが、現在、ハンギング・ロック・ワイナリーを所有する、ジョン・エリスとアン・エリスです。 夫、ジョン・エリス。ローズマウント・エステイトの初代ワイン・メーカーであり、ローズマウント・エステイトの地位を確立した人物です。その他のワイナリーでも、彼の手により、数々の素晴らしいワインが世に送り出されてきました。 『彼の元で働けるなんて、本当に幸せだよ。』現在、畑の管理責任者である、ベンは、ジョンと働ける事をとても誇りにしていました。 妻、アン・エリス。彼女の実家は、実は、老舗ティレルズなのです。(現在、彼女の兄がティレルズを経営しています。)かつて自らもアシスタント・ワイン・メーカーとして活躍、正に生まれながらに、ワインと共に歩んできた人です。 この2人が出会い、二人の夢が形になったのが、ハンギング・ロック・ワイナリーです。1982年設立。ジョンは現在、ハンギング・ロックの主任ワイン・メーカーをしながら、他のワイナリーのコンサルティングもしています。アニー(アンは周りからこう呼ばれています。)は、今、ハンギング・ロック・ワイナリーのまとめ役的存在のママです。 ハンギング・ロック・ワイナリーがある、マセドンは、ヴィクトリア州メルボルンから、車で約一時間の所にあります。中小規模のワイナリーばかりであるため、生産量がさほど多くなく、ヴィクトリア州のレストランやメルボルンのショップに卸される事が多いため、ワイン産地としての知名度はあまり高くありませんが、ハンギング・ロックの他にも、高く評価されるワイナリーが存在する地域です。 ハンギング・ロック・ワイナリーは、現在、ブレンド、単一品種、どちらのワインも、そのブドウ品種にあった場所で育ったブドウから、ブドウの個性を引き出したワイン造りで、高く評価されています。 さほど大きな規模ではないにも関わらず、そのワインは、イギリスやアメリカ、イタリア、アジアからも引き合いがあり、カジュアルなものから、限定生産ワインまで既に世界にファンを持っています。 ────────────────────────────────── ■■ ジェームス・ハリディ氏著『オーストラリア& ニュージーランド・ワイン・コンパニオン』より抜粋 ■■ ────────────────────────────────── ハンギング・ロック・ワイナリー マセドン地区は、葡萄栽培地域として、気候的に極限の場所にある。ハンギング・ロックを向こうに望み、美しい景観を持つ、ハンギング・ロック・ワイナリーも、その例に漏れない。 ジョン・エリスは、その点を踏まえ、ヴィクトリア州各地からの厳選したブドウを使用する事で、多様性、個性、魅力あるワインを生み出している。 低価格帯のロック・ホワイト、ロック・レッドは、その鮮烈なラベルで、特に人気が高い。 ★★★☆ ────────────────────────────────── ハンギング・ロックの名は、このワイナリーから眺める事の出来る岩山『ハンギング・ロック』から名付けられました。地元の人もハイキングに出掛けるその山は、昔『ピクニック・アット・ハンギング・ロック』と言う映画の舞台にもなった場所です。 2001年の収穫期、私はこのワイナリーで、家族、スタッフと共に生活を共にし、働き、ハンギング・ロックのワインにより深く触れる機会がありました。 ひとつの家族のように、楽しく働くスタッフ、ひと度、ブドウが運び込まれてくると、深夜まで働く事もいとわない姿勢。 ヴィンテージ・ワインや各国のワインも楽しむ、広い見識、柔軟な姿勢にふれ、彼らのワインの原点を知った事で、いつか、皆さ んに、ここのワインを飲んで頂きたいと、ずっと思っていました。 裏山には、野生のカンガルーがヒョッコリ現れることもある、自然に囲まれたワイナリーは、近郊から、多くの人が車で訪れ、その景色を楽しみ、ワインを買って帰ります。多様性のある、オーストラリアの気候、土壌を生かして生み出される、ハンギング・ロック・ワイナリーのワイン。 ジョンとアニーの2人、それを支える温かなスタッフが居るからこそ、こんなワインを生み出す事が出来るのです。 ※どのワインも、ブドウの良さが前面に出ています。

マセドン ブリュット キュベ ロゼNVハンギング ロック ワイナリー 泡 ロゼ 驚きの破格値,送料無料

マセドン ブリュット キュベ ロゼNVハンギング ロック ワイナリー 泡 ロゼ 驚きの破格値,送料無料 —— 4,400円


アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド

■輸入元様資料より抜粋■ マセドンという産地は オーストラリアでももっとも冷涼なブドウ栽培地 として考えられています。 ここは世界的な冷涼地のブドウ栽培の基準を満たしていて、フランスやニュージーランドの地域とよく似ており、この品種がしばしば栽培されているオーストラリアの暖かい地域とはほとんど類似していないワインを生産しています。 100%自社葡萄のジムジム・ヴィンヤードにて手摘みで収穫されたピノノワール 。 醗酵前に2℃まで温度を下げて徐々に自然な形で温度を30度まで上げて、野生酵母を使いじっくり醗酵に時間をかけます。 10%は全房醗酵、低温で4週間かけてスキンコンタクトし、澱引きせず10~15%は仏オークの新樽へ、残りは2年落ちのフレンチオークにて12か月熟成。ノンフィルターで瓶詰め。 赤レンガの色調を備えた深みのあるプラム 。 フローラルなアロマ が混ざり合い立ち上がる、 ほんのりシダー と クローブ 。幾層にも複雑味が感じられ、デリケートな果実味と深みのある複雑なフレーバーが混ざり合っていて、滑らかなテクスチャーは 絹のようなタンニン と 爽やかな酸 で覆われています。 この組み合わせは、このワインが 長期熟成し続けること を確かにしています。 INFORMATIONNameMacedon Range Pinot Noir Hanging Rock Wineryブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ハンギング ロック ワイナリー産地オーストラリア/ヴィクトリア/マセドンRegionAustralia/Victoria/Macedon内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating POPで美味いオーストラリア登場!! 国土の広さ、その人種の多様性と同じく、様々なワインを生み出しているオーストラリア。 オーストラリア・ワイン造りのスタートは、1788年、ニュー・サウス・ウェールズ州にキャプテン・アーサー・フィリップが行った植樹から始まったと言われ、国としての歴史と、ほぼ時を同じくして始まりました。 現在、大小、数多くのワイナリーがある中でも、オーストラリア・ワイン界で、その名を知らぬ者は居ないほどの存在の二つのワイナリーがあります。 ひとつは、古い歴史を持ち、デイリーなワインから、オークション・クラスのワインまでを生み出す老舗ティレルズ。もうひとつは、設立から約30年、品質の高さ、規模の大きさで名を馳せるローズマウント・エステイト。 この2つのワイナリーの歴史に、不可欠な2人。それが、現在、ハンギング・ロック・ワイナリーを所有する、ジョン・エリスとアン・エリスです。 夫、ジョン・エリス。ローズマウント・エステイトの初代ワイン・メーカーであり、ローズマウント・エステイトの地位を確立した人物です。その他のワイナリーでも、彼の手により、数々の素晴らしいワインが世に送り出されてきました。 『彼の元で働けるなんて、本当に幸せだよ。』現在、畑の管理責任者である、ベンは、ジョンと働ける事をとても誇りにしていました。 妻、アン・エリス。彼女の実家は、実は、老舗ティレルズなのです。(現在、彼女の兄がティレルズを経営しています。)かつて自らもアシスタント・ワイン・メーカーとして活躍、正に生まれながらに、ワインと共に歩んできた人です。 この2人が出会い、二人の夢が形になったのが、ハンギング・ロック・ワイナリーです。1982年設立。ジョンは現在、ハンギング・ロックの主任ワイン・メーカーをしながら、他のワイナリーのコンサルティングもしています。アニー(アンは周りからこう呼ばれています。)は、今、ハンギング・ロック・ワイナリーのまとめ役的存在のママです。 ハンギング・ロック・ワイナリーがある、マセドンは、ヴィクトリア州メルボルンから、車で約一時間の所にあります。中小規模のワイナリーばかりであるため、生産量がさほど多くなく、ヴィクトリア州のレストランやメルボルンのショップに卸される事が多いため、ワイン産地としての知名度はあまり高くありませんが、ハンギング・ロックの他にも、高く評価されるワイナリーが存在する地域です。 ハンギング・ロック・ワイナリーは、現在、ブレンド、単一品種、どちらのワインも、そのブドウ品種にあった場所で育ったブドウから、ブドウの個性を引き出したワイン造りで、高く評価されています。 さほど大きな規模ではないにも関わらず、そのワインは、イギリスやアメリカ、イタリア、アジアからも引き合いがあり、カジュアルなものから、限定生産ワインまで既に世界にファンを持っています。 ────────────────────────────────── ■■ ジェームス・ハリディ氏著『オーストラリア& ニュージーランド・ワイン・コンパニオン』より抜粋 ■■ ────────────────────────────────── ハンギング・ロック・ワイナリー マセドン地区は、葡萄栽培地域として、気候的に極限の場所にある。ハンギング・ロックを向こうに望み、美しい景観を持つ、ハンギング・ロック・ワイナリーも、その例に漏れない。 ジョン・エリスは、その点を踏まえ、ヴィクトリア州各地からの厳選したブドウを使用する事で、多様性、個性、魅力あるワインを生み出している。 低価格帯のロック・ホワイト、ロック・レッドは、その鮮烈なラベルで、特に人気が高い。 ★★★☆ ────────────────────────────────── ハンギング・ロックの名は、このワイナリーから眺める事の出来る岩山『ハンギング・ロック』から名付けられました。地元の人もハイキングに出掛けるその山は、昔『ピクニック・アット・ハンギング・ロック』と言う映画の舞台にもなった場所です。 2001年の収穫期、私はこのワイナリーで、家族、スタッフと共に生活を共にし、働き、ハンギング・ロックのワインにより深く触れる機会がありました。 ひとつの家族のように、楽しく働くスタッフ、ひと度、ブドウが運び込まれてくると、深夜まで働く事もいとわない姿勢。 ヴィンテージ・ワインや各国のワインも楽しむ、広い見識、柔軟な姿勢にふれ、彼らのワインの原点を知った事で、いつか、皆さ んに、ここのワインを飲んで頂きたいと、ずっと思っていました。 裏山には、野生のカンガルーがヒョッコリ現れることもある、自然に囲まれたワイナリーは、近郊から、多くの人が車で訪れ、その景色を楽しみ、ワインを買って帰ります。多様性のある、オーストラリアの気候、土壌を生かして生み出される、ハンギング・ロック・ワイナリーのワイン。 ジョンとアニーの2人、それを支える温かなスタッフが居るからこそ、こんなワインを生み出す事が出来るのです。 ※どのワインも、ブドウの良さが前面に出ています。

マセドン レンジ ピノ ノワール 2013 ハンギング ロック ワイナリー 赤ワイン 人気SALE,低価

マセドン レンジ ピノ ノワール 2013 ハンギング ロック ワイナリー 赤ワイン 人気SALE,低価 —— 3,600円


アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド

■輸入元様資料より抜粋■ マセドンという産地は オーストラリアでももっとも冷涼なブドウ栽培地 として考えられています。 ここは世界的な冷涼地のブドウ栽培の基準を満たしていて、フランスやニュージーランドの地域とよく似ており、この品種がしばしば栽培されているオーストラリアの暖かい地域とはほとんど類似していないワインを生産しています。 100%自社葡萄のジムジム・ヴィンヤードにて手摘みで収穫されたピノノワール 。 醗酵前に2℃まで温度を下げて徐々に自然な形で温度を30度まで上げて、野生酵母を使いじっくり醗酵に時間をかけます。 10%は全房醗酵、低温で4週間かけてスキンコンタクトし、澱引きせず10~15%は仏オークの新樽へ、残りは2年落ちのフレンチオークにて12か月熟成。ノンフィルターで瓶詰め。 赤レンガの色調を備えた深みのあるプラム 。 フローラルなアロマ が混ざり合い立ち上がる、 ほんのりシダー と クローブ 。幾層にも複雑味が感じられ、デリケートな果実味と深みのある複雑なフレーバーが混ざり合っていて、滑らかなテクスチャーは 絹のようなタンニン と 爽やかな酸 で覆われています。 この組み合わせは、このワインが 長期熟成し続けること を確かにしています。 INFORMATIONNameMacedon Range Pinot Noir Hanging Rock Wineryブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ハンギング ロック ワイナリー産地オーストラリア/ヴィクトリア/マセドンRegionAustralia/Victoria/Macedon内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating POPで美味いオーストラリア登場!! 国土の広さ、その人種の多様性と同じく、様々なワインを生み出しているオーストラリア。 オーストラリア・ワイン造りのスタートは、1788年、ニュー・サウス・ウェールズ州にキャプテン・アーサー・フィリップが行った植樹から始まったと言われ、国としての歴史と、ほぼ時を同じくして始まりました。 現在、大小、数多くのワイナリーがある中でも、オーストラリア・ワイン界で、その名を知らぬ者は居ないほどの存在の二つのワイナリーがあります。 ひとつは、古い歴史を持ち、デイリーなワインから、オークション・クラスのワインまでを生み出す老舗ティレルズ。もうひとつは、設立から約30年、品質の高さ、規模の大きさで名を馳せるローズマウント・エステイト。 この2つのワイナリーの歴史に、不可欠な2人。それが、現在、ハンギング・ロック・ワイナリーを所有する、ジョン・エリスとアン・エリスです。 夫、ジョン・エリス。ローズマウント・エステイトの初代ワイン・メーカーであり、ローズマウント・エステイトの地位を確立した人物です。その他のワイナリーでも、彼の手により、数々の素晴らしいワインが世に送り出されてきました。 『彼の元で働けるなんて、本当に幸せだよ。』現在、畑の管理責任者である、ベンは、ジョンと働ける事をとても誇りにしていました。 妻、アン・エリス。彼女の実家は、実は、老舗ティレルズなのです。(現在、彼女の兄がティレルズを経営しています。)かつて自らもアシスタント・ワイン・メーカーとして活躍、正に生まれながらに、ワインと共に歩んできた人です。 この2人が出会い、二人の夢が形になったのが、ハンギング・ロック・ワイナリーです。1982年設立。ジョンは現在、ハンギング・ロックの主任ワイン・メーカーをしながら、他のワイナリーのコンサルティングもしています。アニー(アンは周りからこう呼ばれています。)は、今、ハンギング・ロック・ワイナリーのまとめ役的存在のママです。 ハンギング・ロック・ワイナリーがある、マセドンは、ヴィクトリア州メルボルンから、車で約一時間の所にあります。中小規模のワイナリーばかりであるため、生産量がさほど多くなく、ヴィクトリア州のレストランやメルボルンのショップに卸される事が多いため、ワイン産地としての知名度はあまり高くありませんが、ハンギング・ロックの他にも、高く評価されるワイナリーが存在する地域です。 ハンギング・ロック・ワイナリーは、現在、ブレンド、単一品種、どちらのワインも、そのブドウ品種にあった場所で育ったブドウから、ブドウの個性を引き出したワイン造りで、高く評価されています。 さほど大きな規模ではないにも関わらず、そのワインは、イギリスやアメリカ、イタリア、アジアからも引き合いがあり、カジュアルなものから、限定生産ワインまで既に世界にファンを持っています。 ────────────────────────────────── ■■ ジェームス・ハリディ氏著『オーストラリア& ニュージーランド・ワイン・コンパニオン』より抜粋 ■■ ────────────────────────────────── ハンギング・ロック・ワイナリー マセドン地区は、葡萄栽培地域として、気候的に極限の場所にある。ハンギング・ロックを向こうに望み、美しい景観を持つ、ハンギング・ロック・ワイナリーも、その例に漏れない。 ジョン・エリスは、その点を踏まえ、ヴィクトリア州各地からの厳選したブドウを使用する事で、多様性、個性、魅力あるワインを生み出している。 低価格帯のロック・ホワイト、ロック・レッドは、その鮮烈なラベルで、特に人気が高い。 ★★★☆ ────────────────────────────────── ハンギング・ロックの名は、このワイナリーから眺める事の出来る岩山『ハンギング・ロック』から名付けられました。地元の人もハイキングに出掛けるその山は、昔『ピクニック・アット・ハンギング・ロック』と言う映画の舞台にもなった場所です。 2001年の収穫期、私はこのワイナリーで、家族、スタッフと共に生活を共にし、働き、ハンギング・ロックのワインにより深く触れる機会がありました。 ひとつの家族のように、楽しく働くスタッフ、ひと度、ブドウが運び込まれてくると、深夜まで働く事もいとわない姿勢。 ヴィンテージ・ワインや各国のワインも楽しむ、広い見識、柔軟な姿勢にふれ、彼らのワインの原点を知った事で、いつか、皆さ んに、ここのワインを飲んで頂きたいと、ずっと思っていました。 裏山には、野生のカンガルーがヒョッコリ現れることもある、自然に囲まれたワイナリーは、近郊から、多くの人が車で訪れ、その景色を楽しみ、ワインを買って帰ります。多様性のある、オーストラリアの気候、土壌を生かして生み出される、ハンギング・ロック・ワイナリーのワイン。 ジョンとアニーの2人、それを支える温かなスタッフが居るからこそ、こんなワインを生み出す事が出来るのです。 ※どのワインも、ブドウの良さが前面に出ています。

マセドン レンジ ピノ ノワール 2013 ハンギング ロック ワイナリー 赤ワイン 超激得,超激得,HOT

マセドン レンジ ピノ ノワール 2013 ハンギング ロック ワイナリー 赤ワイン 超激得,超激得,HOT —— 3,600円


マチュア ヴァイン ピノ ノワール 2014 リッポン 赤ワイン SALE,定番 —— 4,500円