アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド

『今、まさに飲んで頂きたい美味しさ♪』 クロ アンリなどで活躍後、自らのワインを手掛ける、 NZマールボロのワイナリー 、フォリウムの岡田さんが、先日タカムラの二階で、業界関係者向けの試飲会を開催されました。 その際、ソーヴィニヨンブランリザーヴの2013〜2017年までを試飲する事が出来たのですが、 特に2014年と2015年の美味しさに嬉しい驚き がありました! 2014年… 香り豊か! トロピカルな香りの中に、柑橘のニュアンスや塩味を感じる旨味があり、なんとも魅力的! 今、まさに飲んで頂きたい美味しさ♪ 2015年… よりポテンシャルを感じる、 メリハリと立体感のある味わい! 『評論家からの 評価が高いのはこっちです 。』と、岡田さんもコメント。 もう販売分はないと諦めていたら…ありました! どちらのヴィンテージにするかは 好みで選んで下さい!! ■輸入元様資料より抜粋■ 2014年ヴィンテージ 非常に暖かい春先と涼しい夏。降雨量も適度にあり、優良なヴィンテージが期待されたが、収穫期の雨が生産者による品質のばらつきを招いた。 涼しい夏のため、ハングタイムを長く確保する事が出来、幸い収穫期の雨の前に収穫を終える事が出来たので、 品質的に申し分ないワインとなった 。 栽培面積0.9ha 植樹率4200本/ha 1996年植樹 収量60hl/ha INFORMATIONNameSauvignon Blanc Reserve Foliumブドウ品種ソーヴィニヨン・ブラン生産者名フォリウム・ヴィンヤード産地ニュージーランド/マールボロRegionNew Zealand/Marlborough内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 17連勝! 日本人が、NZで造る 本気の逸品!! 日本人ワイン・メーカー の活躍が目立つ、 NZ。 その地に、新たなるワイナリーが、誕生しました! 岡田岳樹(おかだたかき)氏 が、マルボーロで手掛ける、 『フォリウム・ヴィニャード』 です。 その、 初ヴィンテージ のお披露目会に、参加してきました! アメリカのワイン産業を支える、UCデイヴィス校や、仏ロワールの アンリ・ブルジョワ がNZで手掛ける クロ・アンリ でも経験を積んだ、まだ30代半ばの、岡田氏。 6haの畑を、収穫時など以外は、ひとりで仕事しているとか! 現在、フロム・ワイナリーを間借りしてのワイン醸造だそうですが、そんなところにも、NZの懐の広さを感じます。 そうして生まれたのは、ソーヴィニヨン・ブランと、ピノ・ノワール、それぞれ、スタンダードとリザーヴの、計4種。 ソーヴィニヨン・ブランは、さすが アンリ・ブルジョワ 譲りとあって、スタンダードは 瑞々しい果実味、 リザーヴには、より 密度があり、溌剌とした酸 が生きており、それぞれの個性が感じられました。 このスタイルを実現するため、全て、手摘みを行ったとか。(NZでは、珍しいそうです。) そして、ピノ・ノワールは… ■当主のコメント■ 『過度の抽出をせず、出汁のような美味しさを目指した。果実味の強さは、 マルボーロ のスタイルです。』 と、岡田氏が語っていたように、スタンダードは、 ふくらみのある果実味と樽のバランス を、リザーヴは、そこに、しっとりとしたニュアンスに、 より密度が加わった スタイルを感じました。 そんな 初リリース のワイン、お披露目会の際に、関係者の方から、気になる2つの話を、聞きました。 ■気になる話■ 『現地に行った際、岡田さんが、ウェリントンのワイン・ショップなどに、 17軒 に営業に行くのに同行したんです。 そしたら、なんと、 全ての訪問先が、どれかを買うって言ってくれて! 17連勝ですよ!!』 『拘りがあるんでしょうね、 厳しく選果 しちゃったみたいで…収穫後、数字見たら、『えっ、こんなに少ないの!?』って、驚いちゃいましたよ(汗)』 という訳で… 初リリース の話題も重なり、 入荷数が、かなり限られてしまいました(汗) 気になる方は、お早めに! 【ソーヴィニヨン・ブラン/スタンダードとリザーヴの違い】 ◇スタンダード→河川由来の小石や砂礫を多く含む、排水性の良い堆積土。 樹齢がリザーヴより7年ほど若い。密植率 2800本/ha ◇リザーヴ→粘土質と砂礫、小石を含む河川土壌が幾重にも重なった、堆積土。 樹齢はより高い。密植率4,200本/ha 【ピノ・ノワール/スタンダードとリザーヴの違い】 ◇スタンダード→樹齢が7年ほど若い。樽熟は約11ケ月。新樽比率25%。 ◇リザーヴ→樹齢がより高い。樽熟は約16ケ月。新樽比率33%。 ※土壌はいずれも、粘土質と、砂礫や小石を含む河川土壌が幾重にも重なり合った堆積土。

ソーヴィニヨン ブラン リザーヴ 2014 フォリウム ヴィンヤード 白ワイン 高品質,低価

ソーヴィニヨン ブラン リザーヴ 2014 フォリウム ヴィンヤード 白ワイン 高品質,低価 —— 3,800円


アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド

『評論家からの評価が高いのはこっちです。』 クロ アンリなどで活躍後、自らのワインを手掛ける、 NZマールボロのワイナリー 、フォリウムの岡田さんが、先日タカムラの二階で、業界関係者向けの試飲会を開催されました。 その際、ソーヴィニヨンブランリザーヴの2013〜2017年までを試飲する事が出来たのですが、 特に2014年と2015年の美味しさに嬉しい驚き がありました! 2014年… 香り豊か! トロピカルな香りの中に、柑橘のニュアンスや塩味を感じる旨味があり、なんとも魅力的! 今、まさに飲んで頂きたい美味しさ♪ 2015年… よりポテンシャルを感じる、 メリハリと立体感のある味わい! 『評論家からの 評価が高いのはこっちです 。』と、岡田さんもコメント。 もう販売分はないと諦めていたら…ありました! どちらのヴィンテージにするかは 好みで選んで下さい!! ■輸入元様資料より抜粋■ 2015年ヴィンテージ 非常に乾燥しており、生育期間を通して暖かかったのでいわゆる グレートヴィンテージの特徴を備えた年 となった。 ドライファーミングを始めて5シーズン目。 ブドウの樹も慣れてはきたものの、盛夏期の感想は厳しく、結果としては 非常に凝縮感の強いワインとなった 。 栽培面積0.9ha 植樹率4200本/ha 1996年植樹 収量40hl/ha INFORMATIONNameSauvignon Blanc Reserve Foliumブドウ品種ソーヴィニヨン・ブラン生産者名フォリウム・ヴィンヤード産地ニュージーランド/マールボロRegionNew Zealand/Marlborough内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 17連勝! 日本人が、NZで造る 本気の逸品!! 日本人ワイン・メーカー の活躍が目立つ、 NZ。 その地に、新たなるワイナリーが、誕生しました! 岡田岳樹(おかだたかき)氏 が、マルボーロで手掛ける、 『フォリウム・ヴィニャード』 です。 その、 初ヴィンテージ のお披露目会に、参加してきました! アメリカのワイン産業を支える、UCデイヴィス校や、仏ロワールの アンリ・ブルジョワ がNZで手掛ける クロ・アンリ でも経験を積んだ、まだ30代半ばの、岡田氏。 6haの畑を、収穫時など以外は、ひとりで仕事しているとか! 現在、フロム・ワイナリーを間借りしてのワイン醸造だそうですが、そんなところにも、NZの懐の広さを感じます。 そうして生まれたのは、ソーヴィニヨン・ブランと、ピノ・ノワール、それぞれ、スタンダードとリザーヴの、計4種。 ソーヴィニヨン・ブランは、さすが アンリ・ブルジョワ 譲りとあって、スタンダードは 瑞々しい果実味、 リザーヴには、より 密度があり、溌剌とした酸 が生きており、それぞれの個性が感じられました。 このスタイルを実現するため、全て、手摘みを行ったとか。(NZでは、珍しいそうです。) そして、ピノ・ノワールは… ■当主のコメント■ 『過度の抽出をせず、出汁のような美味しさを目指した。果実味の強さは、 マルボーロ のスタイルです。』 と、岡田氏が語っていたように、スタンダードは、 ふくらみのある果実味と樽のバランス を、リザーヴは、そこに、しっとりとしたニュアンスに、 より密度が加わった スタイルを感じました。 そんな 初リリース のワイン、お披露目会の際に、関係者の方から、気になる2つの話を、聞きました。 ■気になる話■ 『現地に行った際、岡田さんが、ウェリントンのワイン・ショップなどに、 17軒 に営業に行くのに同行したんです。 そしたら、なんと、 全ての訪問先が、どれかを買うって言ってくれて! 17連勝ですよ!!』 『拘りがあるんでしょうね、 厳しく選果 しちゃったみたいで…収穫後、数字見たら、『えっ、こんなに少ないの!?』って、驚いちゃいましたよ(汗)』 という訳で… 初リリース の話題も重なり、 入荷数が、かなり限られてしまいました(汗) 気になる方は、お早めに! 【ソーヴィニヨン・ブラン/スタンダードとリザーヴの違い】 ◇スタンダード→河川由来の小石や砂礫を多く含む、排水性の良い堆積土。 樹齢がリザーヴより7年ほど若い。密植率 2800本/ha ◇リザーヴ→粘土質と砂礫、小石を含む河川土壌が幾重にも重なった、堆積土。 樹齢はより高い。密植率4,200本/ha 【ピノ・ノワール/スタンダードとリザーヴの違い】 ◇スタンダード→樹齢が7年ほど若い。樽熟は約11ケ月。新樽比率25%。 ◇リザーヴ→樹齢がより高い。樽熟は約16ケ月。新樽比率33%。 ※土壌はいずれも、粘土質と、砂礫や小石を含む河川土壌が幾重にも重なり合った堆積土。

ソーヴィニヨン ブラン リザーヴ 2015 フォリウム ヴィンヤード 白ワイン 数量限定,人気

ソーヴィニヨン ブラン リザーヴ 2015 フォリウム ヴィンヤード 白ワイン 数量限定,人気 —— 3,800円


アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド

『評論家からの評価が高いのはこっちです。』 クロ アンリなどで活躍後、自らのワインを手掛ける、 NZマールボロのワイナリー 、フォリウムの岡田さんが、先日タカムラの二階で、業界関係者向けの試飲会を開催されました。 その際、ソーヴィニヨンブランリザーヴの2013〜2017年までを試飲する事が出来たのですが、 特に2014年と2015年の美味しさに嬉しい驚き がありました! 2014年… 香り豊か! トロピカルな香りの中に、柑橘のニュアンスや塩味を感じる旨味があり、なんとも魅力的! 今、まさに飲んで頂きたい美味しさ♪ 2015年… よりポテンシャルを感じる、 メリハリと立体感のある味わい! 『評論家からの 評価が高いのはこっちです 。』と、岡田さんもコメント。 もう販売分はないと諦めていたら…ありました! どちらのヴィンテージにするかは 好みで選んで下さい!! ■輸入元様資料より抜粋■ 2015年ヴィンテージ 非常に乾燥しており、生育期間を通して暖かかったのでいわゆる グレートヴィンテージの特徴を備えた年 となった。 ドライファーミングを始めて5シーズン目。 ブドウの樹も慣れてはきたものの、盛夏期の感想は厳しく、結果としては 非常に凝縮感の強いワインとなった 。 栽培面積0.9ha 植樹率4200本/ha 1996年植樹 収量40hl/ha INFORMATIONNameSauvignon Blanc Reserve Foliumブドウ品種ソーヴィニヨン・ブラン生産者名フォリウム・ヴィンヤード産地ニュージーランド/マールボロRegionNew Zealand/Marlborough内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 17連勝! 日本人が、NZで造る 本気の逸品!! 日本人ワイン・メーカー の活躍が目立つ、 NZ。 その地に、新たなるワイナリーが、誕生しました! 岡田岳樹(おかだたかき)氏 が、マルボーロで手掛ける、 『フォリウム・ヴィニャード』 です。 その、 初ヴィンテージ のお披露目会に、参加してきました! アメリカのワイン産業を支える、UCデイヴィス校や、仏ロワールの アンリ・ブルジョワ がNZで手掛ける クロ・アンリ でも経験を積んだ、まだ30代半ばの、岡田氏。 6haの畑を、収穫時など以外は、ひとりで仕事しているとか! 現在、フロム・ワイナリーを間借りしてのワイン醸造だそうですが、そんなところにも、NZの懐の広さを感じます。 そうして生まれたのは、ソーヴィニヨン・ブランと、ピノ・ノワール、それぞれ、スタンダードとリザーヴの、計4種。 ソーヴィニヨン・ブランは、さすが アンリ・ブルジョワ 譲りとあって、スタンダードは 瑞々しい果実味、 リザーヴには、より 密度があり、溌剌とした酸 が生きており、それぞれの個性が感じられました。 このスタイルを実現するため、全て、手摘みを行ったとか。(NZでは、珍しいそうです。) そして、ピノ・ノワールは… ■当主のコメント■ 『過度の抽出をせず、出汁のような美味しさを目指した。果実味の強さは、 マルボーロ のスタイルです。』 と、岡田氏が語っていたように、スタンダードは、 ふくらみのある果実味と樽のバランス を、リザーヴは、そこに、しっとりとしたニュアンスに、 より密度が加わった スタイルを感じました。 そんな 初リリース のワイン、お披露目会の際に、関係者の方から、気になる2つの話を、聞きました。 ■気になる話■ 『現地に行った際、岡田さんが、ウェリントンのワイン・ショップなどに、 17軒 に営業に行くのに同行したんです。 そしたら、なんと、 全ての訪問先が、どれかを買うって言ってくれて! 17連勝ですよ!!』 『拘りがあるんでしょうね、 厳しく選果 しちゃったみたいで…収穫後、数字見たら、『えっ、こんなに少ないの!?』って、驚いちゃいましたよ(汗)』 という訳で… 初リリース の話題も重なり、 入荷数が、かなり限られてしまいました(汗) 気になる方は、お早めに! 【ソーヴィニヨン・ブラン/スタンダードとリザーヴの違い】 ◇スタンダード→河川由来の小石や砂礫を多く含む、排水性の良い堆積土。 樹齢がリザーヴより7年ほど若い。密植率 2800本/ha ◇リザーヴ→粘土質と砂礫、小石を含む河川土壌が幾重にも重なった、堆積土。 樹齢はより高い。密植率4,200本/ha 【ピノ・ノワール/スタンダードとリザーヴの違い】 ◇スタンダード→樹齢が7年ほど若い。樽熟は約11ケ月。新樽比率25%。 ◇リザーヴ→樹齢がより高い。樽熟は約16ケ月。新樽比率33%。 ※土壌はいずれも、粘土質と、砂礫や小石を含む河川土壌が幾重にも重なり合った堆積土。

ソーヴィニヨン ブラン リザーヴ 2015 フォリウム ヴィンヤード 白ワイン 新作登場,定番

ソーヴィニヨン ブラン リザーヴ 2015 フォリウム ヴィンヤード 白ワイン 新作登場,定番 —— 3,800円


アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド

『評論家からの評価が高いのはこっちです。』 クロ アンリなどで活躍後、自らのワインを手掛ける、 NZマールボロのワイナリー 、フォリウムの岡田さんが、先日タカムラの二階で、業界関係者向けの試飲会を開催されました。 その際、ソーヴィニヨンブランリザーヴの2013〜2017年までを試飲する事が出来たのですが、 特に2014年と2015年の美味しさに嬉しい驚き がありました! 2014年… 香り豊か! トロピカルな香りの中に、柑橘のニュアンスや塩味を感じる旨味があり、なんとも魅力的! 今、まさに飲んで頂きたい美味しさ♪ 2015年… よりポテンシャルを感じる、 メリハリと立体感のある味わい! 『評論家からの 評価が高いのはこっちです 。』と、岡田さんもコメント。 もう販売分はないと諦めていたら…ありました! どちらのヴィンテージにするかは 好みで選んで下さい!! ■輸入元様資料より抜粋■ 2015年ヴィンテージ 非常に乾燥しており、生育期間を通して暖かかったのでいわゆる グレートヴィンテージの特徴を備えた年 となった。 ドライファーミングを始めて5シーズン目。 ブドウの樹も慣れてはきたものの、盛夏期の感想は厳しく、結果としては 非常に凝縮感の強いワインとなった 。 栽培面積0.9ha 植樹率4200本/ha 1996年植樹 収量40hl/ha INFORMATIONNameSauvignon Blanc Reserve Foliumブドウ品種ソーヴィニヨン・ブラン生産者名フォリウム・ヴィンヤード産地ニュージーランド/マールボロRegionNew Zealand/Marlborough内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 17連勝! 日本人が、NZで造る 本気の逸品!! 日本人ワイン・メーカー の活躍が目立つ、 NZ。 その地に、新たなるワイナリーが、誕生しました! 岡田岳樹(おかだたかき)氏 が、マルボーロで手掛ける、 『フォリウム・ヴィニャード』 です。 その、 初ヴィンテージ のお披露目会に、参加してきました! アメリカのワイン産業を支える、UCデイヴィス校や、仏ロワールの アンリ・ブルジョワ がNZで手掛ける クロ・アンリ でも経験を積んだ、まだ30代半ばの、岡田氏。 6haの畑を、収穫時など以外は、ひとりで仕事しているとか! 現在、フロム・ワイナリーを間借りしてのワイン醸造だそうですが、そんなところにも、NZの懐の広さを感じます。 そうして生まれたのは、ソーヴィニヨン・ブランと、ピノ・ノワール、それぞれ、スタンダードとリザーヴの、計4種。 ソーヴィニヨン・ブランは、さすが アンリ・ブルジョワ 譲りとあって、スタンダードは 瑞々しい果実味、 リザーヴには、より 密度があり、溌剌とした酸 が生きており、それぞれの個性が感じられました。 このスタイルを実現するため、全て、手摘みを行ったとか。(NZでは、珍しいそうです。) そして、ピノ・ノワールは… ■当主のコメント■ 『過度の抽出をせず、出汁のような美味しさを目指した。果実味の強さは、 マルボーロ のスタイルです。』 と、岡田氏が語っていたように、スタンダードは、 ふくらみのある果実味と樽のバランス を、リザーヴは、そこに、しっとりとしたニュアンスに、 より密度が加わった スタイルを感じました。 そんな 初リリース のワイン、お披露目会の際に、関係者の方から、気になる2つの話を、聞きました。 ■気になる話■ 『現地に行った際、岡田さんが、ウェリントンのワイン・ショップなどに、 17軒 に営業に行くのに同行したんです。 そしたら、なんと、 全ての訪問先が、どれかを買うって言ってくれて! 17連勝ですよ!!』 『拘りがあるんでしょうね、 厳しく選果 しちゃったみたいで…収穫後、数字見たら、『えっ、こんなに少ないの!?』って、驚いちゃいましたよ(汗)』 という訳で… 初リリース の話題も重なり、 入荷数が、かなり限られてしまいました(汗) 気になる方は、お早めに! 【ソーヴィニヨン・ブラン/スタンダードとリザーヴの違い】 ◇スタンダード→河川由来の小石や砂礫を多く含む、排水性の良い堆積土。 樹齢がリザーヴより7年ほど若い。密植率 2800本/ha ◇リザーヴ→粘土質と砂礫、小石を含む河川土壌が幾重にも重なった、堆積土。 樹齢はより高い。密植率4,200本/ha 【ピノ・ノワール/スタンダードとリザーヴの違い】 ◇スタンダード→樹齢が7年ほど若い。樽熟は約11ケ月。新樽比率25%。 ◇リザーヴ→樹齢がより高い。樽熟は約16ケ月。新樽比率33%。 ※土壌はいずれも、粘土質と、砂礫や小石を含む河川土壌が幾重にも重なり合った堆積土。

ソーヴィニヨン ブラン リザーヴ 2015 フォリウム ヴィンヤード 白ワイン 赤字超特価,新作登場

ソーヴィニヨン ブラン リザーヴ 2015 フォリウム ヴィンヤード 白ワイン 赤字超特価,新作登場 —— 3,800円


アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド

『評論家からの評価が高いのはこっちです。』 クロ アンリなどで活躍後、自らのワインを手掛ける、 NZマールボロのワイナリー 、フォリウムの岡田さんが、先日タカムラの二階で、業界関係者向けの試飲会を開催されました。 その際、ソーヴィニヨンブランリザーヴの2013〜2017年までを試飲する事が出来たのですが、 特に2014年と2015年の美味しさに嬉しい驚き がありました! 2014年… 香り豊か! トロピカルな香りの中に、柑橘のニュアンスや塩味を感じる旨味があり、なんとも魅力的! 今、まさに飲んで頂きたい美味しさ♪ 2015年… よりポテンシャルを感じる、 メリハリと立体感のある味わい! 『評論家からの 評価が高いのはこっちです 。』と、岡田さんもコメント。 もう販売分はないと諦めていたら…ありました! どちらのヴィンテージにするかは 好みで選んで下さい!! ■輸入元様資料より抜粋■ 2015年ヴィンテージ 非常に乾燥しており、生育期間を通して暖かかったのでいわゆる グレートヴィンテージの特徴を備えた年 となった。 ドライファーミングを始めて5シーズン目。 ブドウの樹も慣れてはきたものの、盛夏期の感想は厳しく、結果としては 非常に凝縮感の強いワインとなった 。 栽培面積0.9ha 植樹率4200本/ha 1996年植樹 収量40hl/ha INFORMATIONNameSauvignon Blanc Reserve Foliumブドウ品種ソーヴィニヨン・ブラン生産者名フォリウム・ヴィンヤード産地ニュージーランド/マールボロRegionNew Zealand/Marlborough内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 17連勝! 日本人が、NZで造る 本気の逸品!! 日本人ワイン・メーカー の活躍が目立つ、 NZ。 その地に、新たなるワイナリーが、誕生しました! 岡田岳樹(おかだたかき)氏 が、マルボーロで手掛ける、 『フォリウム・ヴィニャード』 です。 その、 初ヴィンテージ のお披露目会に、参加してきました! アメリカのワイン産業を支える、UCデイヴィス校や、仏ロワールの アンリ・ブルジョワ がNZで手掛ける クロ・アンリ でも経験を積んだ、まだ30代半ばの、岡田氏。 6haの畑を、収穫時など以外は、ひとりで仕事しているとか! 現在、フロム・ワイナリーを間借りしてのワイン醸造だそうですが、そんなところにも、NZの懐の広さを感じます。 そうして生まれたのは、ソーヴィニヨン・ブランと、ピノ・ノワール、それぞれ、スタンダードとリザーヴの、計4種。 ソーヴィニヨン・ブランは、さすが アンリ・ブルジョワ 譲りとあって、スタンダードは 瑞々しい果実味、 リザーヴには、より 密度があり、溌剌とした酸 が生きており、それぞれの個性が感じられました。 このスタイルを実現するため、全て、手摘みを行ったとか。(NZでは、珍しいそうです。) そして、ピノ・ノワールは… ■当主のコメント■ 『過度の抽出をせず、出汁のような美味しさを目指した。果実味の強さは、 マルボーロ のスタイルです。』 と、岡田氏が語っていたように、スタンダードは、 ふくらみのある果実味と樽のバランス を、リザーヴは、そこに、しっとりとしたニュアンスに、 より密度が加わった スタイルを感じました。 そんな 初リリース のワイン、お披露目会の際に、関係者の方から、気になる2つの話を、聞きました。 ■気になる話■ 『現地に行った際、岡田さんが、ウェリントンのワイン・ショップなどに、 17軒 に営業に行くのに同行したんです。 そしたら、なんと、 全ての訪問先が、どれかを買うって言ってくれて! 17連勝ですよ!!』 『拘りがあるんでしょうね、 厳しく選果 しちゃったみたいで…収穫後、数字見たら、『えっ、こんなに少ないの!?』って、驚いちゃいましたよ(汗)』 という訳で… 初リリース の話題も重なり、 入荷数が、かなり限られてしまいました(汗) 気になる方は、お早めに! 【ソーヴィニヨン・ブラン/スタンダードとリザーヴの違い】 ◇スタンダード→河川由来の小石や砂礫を多く含む、排水性の良い堆積土。 樹齢がリザーヴより7年ほど若い。密植率 2800本/ha ◇リザーヴ→粘土質と砂礫、小石を含む河川土壌が幾重にも重なった、堆積土。 樹齢はより高い。密植率4,200本/ha 【ピノ・ノワール/スタンダードとリザーヴの違い】 ◇スタンダード→樹齢が7年ほど若い。樽熟は約11ケ月。新樽比率25%。 ◇リザーヴ→樹齢がより高い。樽熟は約16ケ月。新樽比率33%。 ※土壌はいずれも、粘土質と、砂礫や小石を含む河川土壌が幾重にも重なり合った堆積土。

ソーヴィニヨン ブラン リザーヴ 2015 フォリウム ヴィンヤード 白ワイン 限定セール,品質保証

ソーヴィニヨン ブラン リザーヴ 2015 フォリウム ヴィンヤード 白ワイン 限定セール,品質保証 —— 3,800円


アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド

■輸入元様資料より抜粋■ 栽培: タソックテラス・ヴィンヤードはワイパラ・ヴァレーの中ほどに位置する水はけの良い砂利質土壌の畑。植え付け:2004年。ガイゼンハイム・クローン。 ヴィンテージ特徴: 春の深刻な霜被害はなく、 シーズンを通してすばらしい乾燥した天候が続いた 。 質と量とも恵まれた年 で、 クリーンな貴腐菌(約20%)が付着 した。 熟成: 手摘みで収穫し、全房圧搾。温度管理されたステンレスタンクでシャンパーニュ地方原産の培養酵母DV-10により発酵。酸、糖度、アルコールのバランスを見ながら、残糖度が約6.6g/Lになった時点で、タンクを冷却し、発酵を停止。 味わい: シーズンを通して乾燥した良好な天候が続いた2016年は、 ブドウが健全に熟し 、 理想的な糖度と酸度 のもとで摘み取ることができた。例年よりも糖度が高かったことから、 少ない残糖度でよりドライに 仕上げることができた。 ライムの果実 に石っぽさが混じり、清らかで、 持続的な酸がフィニッシュまで長く残る 。 INFORMATIONNameKoyama Tussock Terrace Vineyard Dry Rieslingブドウ品種リースリング生産者名コヤマ ワインズ産地ニュージーランド/ノースカンタベリー/ワイパラヴァレーRegionNew Zealand/North Canterbury/Waipara Valley内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 《大和魂》で NZピノの歴史に、 新たな1ページを刻む! 既に今、多くの日本人が海外でワイン造りに携わり、重要な役割を果たしている人も、少なからずいます。 ですが、自らのワインを手掛けるにまで至る方は、ごく僅か。 才能と努力、チャンス、そして、運など、あらゆる意味で、自らが道を切り拓いた人だけが、その機会を得ることが出来るもの。 そんな中、新たに 自らのワインをリリース するに至った 日本人 が登場です! しかも… 今まであまり、ご紹介する機会のなかった ピノ・ノワール を、ブルゴーニュに次ぐ、ピノ・ノワールの第二の故郷ともいえる、ニュージーランドで手掛ける、 小山竜宇(こやま たかひろ)氏 の記念すべき初リリースです! 海外経験も豊富な小山氏は… 『物を造る仕事がしたい!』 との思いから、ワインとの時間がふと蘇り、ワイン造りを志すに至り、その後、NZにわたり、リンカーン大学葡萄栽培ワイン醸造学部に在学中から、ピノ・ノワールなどのワインで名高い、マウントフォードで働き始めます。 途中、イタリアやトスカーナ、ドイツなどで経験を積み、大学卒業後の2007年、アシスタント・ワイン・メーカーとして、マウントフォードに就職。 その後も更に、カリフォルニア・ピノの先駆者である、オー・ボン・クリマなどでも経験を積むなど、貪欲に学び、自らの経験とイメージを形にしてきました。 そんな小山氏が、遂に、自らのワインをリリースすると知ったのは、2009年のこと。 話を伺い、楽しみにしていたワインがようやく入荷し、このお披露目も兼ねて、来日した小山氏に、お話を伺いました! 花のような香り や、 ベリーのアロマ などが綺麗に香り、旨みはありながらも、濃すぎることの無い、小山氏のピノ・ノワール。マウントフォードよりも エレガント なスタイルを意識されているようですが、そのことが実感できる味わいに、初リリースの確かな手ごたえを感じました。 実は… 彼の買っている葡萄の区画は、 他のワイナリーも欲しがる 、畑のプロフェッショナルで、かつて、他のワイナリーの栽培責任者として働いた後、独立した、グエン氏の畑のブドウなのだとか♪ なんと、グエン氏、そんな引く手あまたの畑にも関わらず、小山氏に… 『希望の区画を選んで良いよ。』 と、言ったとか! 【その理由】 『実は、グエン氏はかつて、日本でラグビーを教えていた事があるそうで、非常に協力的なんです。』 と、小山氏は謙遜していましたが、当然ながら、彼のワイン造りに対する 真摯な姿勢 と、 才能 を認めたからこそ、グエン氏がそこまで言ったのだと思います。 パワーのあるラベルは、小山氏の知り合いの、日本の有名な企業で活躍する方がデザインしたそうです。 才能と努力 、 チャンス 、そして、 運 。小山氏が切り拓いてきた結果が、1本のワインとなり、晴れて、初リリースを迎えました。 待望の初リリース! NZピノの新たなる1ページです!!

タソック テラス ヴィンヤード ドライ リースリング 2016 コヤマ ワインズ 白ワイン 100%新品,限定SALE

タソック テラス ヴィンヤード ドライ リースリング 2016 コヤマ ワインズ 白ワイン 100%新品,限定SALE —— 3,500円


アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド

■輸入元様資料より抜粋■ 栽培: タソックテラス・ヴィンヤードはワイパラ・ヴァレーの中ほどに位置する水はけの良い砂利質土壌の畑。植え付け:2004年。ガイゼンハイム・クローン。 ヴィンテージ特徴: 春の深刻な霜被害はなく、 シーズンを通してすばらしい乾燥した天候が続いた 。 質と量とも恵まれた年 で、 クリーンな貴腐菌(約20%)が付着 した。 熟成: 手摘みで収穫し、全房圧搾。温度管理されたステンレスタンクでシャンパーニュ地方原産の培養酵母DV-10により発酵。酸、糖度、アルコールのバランスを見ながら、残糖度が約6.6g/Lになった時点で、タンクを冷却し、発酵を停止。 味わい: シーズンを通して乾燥した良好な天候が続いた2016年は、 ブドウが健全に熟し 、 理想的な糖度と酸度 のもとで摘み取ることができた。例年よりも糖度が高かったことから、 少ない残糖度でよりドライに 仕上げることができた。 ライムの果実 に石っぽさが混じり、清らかで、 持続的な酸がフィニッシュまで長く残る 。 INFORMATIONNameKoyama Tussock Terrace Vineyard Dry Rieslingブドウ品種リースリング生産者名コヤマ ワインズ産地ニュージーランド/ノースカンタベリー/ワイパラヴァレーRegionNew Zealand/North Canterbury/Waipara Valley内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 《大和魂》で NZピノの歴史に、 新たな1ページを刻む! 既に今、多くの日本人が海外でワイン造りに携わり、重要な役割を果たしている人も、少なからずいます。 ですが、自らのワインを手掛けるにまで至る方は、ごく僅か。 才能と努力、チャンス、そして、運など、あらゆる意味で、自らが道を切り拓いた人だけが、その機会を得ることが出来るもの。 そんな中、新たに 自らのワインをリリース するに至った 日本人 が登場です! しかも… 今まであまり、ご紹介する機会のなかった ピノ・ノワール を、ブルゴーニュに次ぐ、ピノ・ノワールの第二の故郷ともいえる、ニュージーランドで手掛ける、 小山竜宇(こやま たかひろ)氏 の記念すべき初リリースです! 海外経験も豊富な小山氏は… 『物を造る仕事がしたい!』 との思いから、ワインとの時間がふと蘇り、ワイン造りを志すに至り、その後、NZにわたり、リンカーン大学葡萄栽培ワイン醸造学部に在学中から、ピノ・ノワールなどのワインで名高い、マウントフォードで働き始めます。 途中、イタリアやトスカーナ、ドイツなどで経験を積み、大学卒業後の2007年、アシスタント・ワイン・メーカーとして、マウントフォードに就職。 その後も更に、カリフォルニア・ピノの先駆者である、オー・ボン・クリマなどでも経験を積むなど、貪欲に学び、自らの経験とイメージを形にしてきました。 そんな小山氏が、遂に、自らのワインをリリースすると知ったのは、2009年のこと。 話を伺い、楽しみにしていたワインがようやく入荷し、このお披露目も兼ねて、来日した小山氏に、お話を伺いました! 花のような香り や、 ベリーのアロマ などが綺麗に香り、旨みはありながらも、濃すぎることの無い、小山氏のピノ・ノワール。マウントフォードよりも エレガント なスタイルを意識されているようですが、そのことが実感できる味わいに、初リリースの確かな手ごたえを感じました。 実は… 彼の買っている葡萄の区画は、 他のワイナリーも欲しがる 、畑のプロフェッショナルで、かつて、他のワイナリーの栽培責任者として働いた後、独立した、グエン氏の畑のブドウなのだとか♪ なんと、グエン氏、そんな引く手あまたの畑にも関わらず、小山氏に… 『希望の区画を選んで良いよ。』 と、言ったとか! 【その理由】 『実は、グエン氏はかつて、日本でラグビーを教えていた事があるそうで、非常に協力的なんです。』 と、小山氏は謙遜していましたが、当然ながら、彼のワイン造りに対する 真摯な姿勢 と、 才能 を認めたからこそ、グエン氏がそこまで言ったのだと思います。 パワーのあるラベルは、小山氏の知り合いの、日本の有名な企業で活躍する方がデザインしたそうです。 才能と努力 、 チャンス 、そして、 運 。小山氏が切り拓いてきた結果が、1本のワインとなり、晴れて、初リリースを迎えました。 待望の初リリース! NZピノの新たなる1ページです!!

タソック テラス ヴィンヤード ドライ リースリング 2016 コヤマ ワインズ 白ワイン 品質保証,高品質

タソック テラス ヴィンヤード ドライ リースリング 2016 コヤマ ワインズ 白ワイン 品質保証,高品質 —— 3,500円


アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド

■輸入元様資料より抜粋■ 栽培: タソックテラス・ヴィンヤードはワイパラ・ヴァレーの中ほどに位置する水はけの良い砂利質土壌の畑。植え付け:2004年。ガイゼンハイム・クローン。 ヴィンテージ特徴: 春の深刻な霜被害はなく、 シーズンを通してすばらしい乾燥した天候が続いた 。 質と量とも恵まれた年 で、 クリーンな貴腐菌(約20%)が付着 した。 熟成: 手摘みで収穫し、全房圧搾。温度管理されたステンレスタンクでシャンパーニュ地方原産の培養酵母DV-10により発酵。酸、糖度、アルコールのバランスを見ながら、残糖度が約6.6g/Lになった時点で、タンクを冷却し、発酵を停止。 味わい: シーズンを通して乾燥した良好な天候が続いた2016年は、 ブドウが健全に熟し 、 理想的な糖度と酸度 のもとで摘み取ることができた。例年よりも糖度が高かったことから、 少ない残糖度でよりドライに 仕上げることができた。 ライムの果実 に石っぽさが混じり、清らかで、 持続的な酸がフィニッシュまで長く残る 。 INFORMATIONNameKoyama Tussock Terrace Vineyard Dry Rieslingブドウ品種リースリング生産者名コヤマ ワインズ産地ニュージーランド/ノースカンタベリー/ワイパラヴァレーRegionNew Zealand/North Canterbury/Waipara Valley内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 《大和魂》で NZピノの歴史に、 新たな1ページを刻む! 既に今、多くの日本人が海外でワイン造りに携わり、重要な役割を果たしている人も、少なからずいます。 ですが、自らのワインを手掛けるにまで至る方は、ごく僅か。 才能と努力、チャンス、そして、運など、あらゆる意味で、自らが道を切り拓いた人だけが、その機会を得ることが出来るもの。 そんな中、新たに 自らのワインをリリース するに至った 日本人 が登場です! しかも… 今まであまり、ご紹介する機会のなかった ピノ・ノワール を、ブルゴーニュに次ぐ、ピノ・ノワールの第二の故郷ともいえる、ニュージーランドで手掛ける、 小山竜宇(こやま たかひろ)氏 の記念すべき初リリースです! 海外経験も豊富な小山氏は… 『物を造る仕事がしたい!』 との思いから、ワインとの時間がふと蘇り、ワイン造りを志すに至り、その後、NZにわたり、リンカーン大学葡萄栽培ワイン醸造学部に在学中から、ピノ・ノワールなどのワインで名高い、マウントフォードで働き始めます。 途中、イタリアやトスカーナ、ドイツなどで経験を積み、大学卒業後の2007年、アシスタント・ワイン・メーカーとして、マウントフォードに就職。 その後も更に、カリフォルニア・ピノの先駆者である、オー・ボン・クリマなどでも経験を積むなど、貪欲に学び、自らの経験とイメージを形にしてきました。 そんな小山氏が、遂に、自らのワインをリリースすると知ったのは、2009年のこと。 話を伺い、楽しみにしていたワインがようやく入荷し、このお披露目も兼ねて、来日した小山氏に、お話を伺いました! 花のような香り や、 ベリーのアロマ などが綺麗に香り、旨みはありながらも、濃すぎることの無い、小山氏のピノ・ノワール。マウントフォードよりも エレガント なスタイルを意識されているようですが、そのことが実感できる味わいに、初リリースの確かな手ごたえを感じました。 実は… 彼の買っている葡萄の区画は、 他のワイナリーも欲しがる 、畑のプロフェッショナルで、かつて、他のワイナリーの栽培責任者として働いた後、独立した、グエン氏の畑のブドウなのだとか♪ なんと、グエン氏、そんな引く手あまたの畑にも関わらず、小山氏に… 『希望の区画を選んで良いよ。』 と、言ったとか! 【その理由】 『実は、グエン氏はかつて、日本でラグビーを教えていた事があるそうで、非常に協力的なんです。』 と、小山氏は謙遜していましたが、当然ながら、彼のワイン造りに対する 真摯な姿勢 と、 才能 を認めたからこそ、グエン氏がそこまで言ったのだと思います。 パワーのあるラベルは、小山氏の知り合いの、日本の有名な企業で活躍する方がデザインしたそうです。 才能と努力 、 チャンス 、そして、 運 。小山氏が切り拓いてきた結果が、1本のワインとなり、晴れて、初リリースを迎えました。 待望の初リリース! NZピノの新たなる1ページです!!

タソック テラス ヴィンヤード ドライ リースリング 2016 コヤマ ワインズ 白ワイン 大人気,格安

タソック テラス ヴィンヤード ドライ リースリング 2016 コヤマ ワインズ 白ワイン 大人気,格安 —— 3,500円


アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド

■輸入元様資料より抜粋■ 栽培: クロムウェルの北に位置するノースバーン・ステーション・ヴィンヤード(Northburn Station Vineyard)。 土壌: 非常に水はけのよい薄いローム層が片岩と石英の混じる川砂利の沖積土壌を覆い、 ミネラルが豊富 。畑は2015年から クラウディ・ベイからリース契約で 、佐藤夫妻が栽培管理を行う。 ヴィンテージ特徴: シーズンを通して比較的涼しく 、 夏の気候は穏やか であった。春から夏までの積算温度が低く、強風と疾風により蔓の成長は停止し、春の気候は不安定で短かかった。 夏の非常に乾燥した気候 の中、着果時に粒の大きさや数においてばらつきが出て、実の熟度も様々であった。 ピノ・ノワールのヴェレゾンは2月初旬に始まり、白品種は2週目に続いた。乾燥した暖かい気候は3月初旬まで続いたが、2週目から気象パターンが変わり、気温は下がり始めた。3月3週目と4週目の曇った吹き荒れた天候が収穫のタイミングまで続いた。 INFORMATIONNameSato Pinot Noir Northburnブドウ品種ピノ・ノワール生産者名サトウ ワインズ産地ニュージーランド/セントラルオタゴRegionNew Zealand/Central Otago内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating

ノースバーン ピノ ノワール 2015 サトウ ワインズ 赤ワイン お買い得,限定セール

ノースバーン ピノ ノワール 2015 サトウ ワインズ 赤ワイン お買い得,限定セール —— 5,800円


アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド

■輸入元様資料より抜粋■ 栽培: クロムウェルの北に位置するノースバーン・ステーション・ヴィンヤード(Northburn Station Vineyard)。 土壌: 非常に水はけのよい薄いローム層が片岩と石英の混じる川砂利の沖積土壌を覆い、 ミネラルが豊富 。畑は2015年から クラウディ・ベイからリース契約で 、佐藤夫妻が栽培管理を行う。 ヴィンテージ特徴: シーズンを通して比較的涼しく 、 夏の気候は穏やか であった。春から夏までの積算温度が低く、強風と疾風により蔓の成長は停止し、春の気候は不安定で短かかった。 夏の非常に乾燥した気候 の中、着果時に粒の大きさや数においてばらつきが出て、実の熟度も様々であった。 ピノ・ノワールのヴェレゾンは2月初旬に始まり、白品種は2週目に続いた。乾燥した暖かい気候は3月初旬まで続いたが、2週目から気象パターンが変わり、気温は下がり始めた。3月3週目と4週目の曇った吹き荒れた天候が収穫のタイミングまで続いた。 INFORMATIONNameSato Pinot Noir Northburnブドウ品種ピノ・ノワール生産者名サトウ ワインズ産地ニュージーランド/セントラルオタゴRegionNew Zealand/Central Otago内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating

ノースバーン ピノ ノワール 2015 サトウ ワインズ 赤ワイン 激安大特価,品質保証

ノースバーン ピノ ノワール 2015 サトウ ワインズ 赤ワイン 激安大特価,品質保証 —— 5,800円


アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド

■輸入元様資料より抜粋■ 手摘みで収穫後、房ごとプレス。 100%フレンチオークで野生酵母により発酵させます。 100%MLF発酵。 11ヶ月樽熟成。 隣のマテズ・ヴィンヤードと近い個性を持ち、 フローラル・ノート と控えめな繊細さを備えています。 ハンティング・ヒルの特徴は 清らかさ で、若いうちは硬く引き締まっており、熟成を経てその 力強さ や 凝縮感 が表れます。 4〜6年 寝かせると、さらに良くなります。 ■ワイン名(原語)/Hunting Hill Chardonnay Kumeu River Wines ■ブドウ品種/シャルドネ ■生産者名/クメウ・リヴァー ■産地/ニュージーランド/オークランド ■内容量/750ml ブルゴーニュのトップ・ドメーヌと、NZ北島のワイナリー、クメウ・リヴァーのシャルドネを比較試飲する試飲会が、英国の輸入元ファー・ヴィントナーズで行われました。 試飲会には、ジャンシス・ロビンソンMWやジェイミー・グッド、マシュー・ジュークスら英国のトップ・ライター14人が出席、2007/2009/2010/2012の4つのヴィンテージで、いずれもクメウ・リヴァーが一位に輝く(ひとつはタイ)という、快挙を収めました! クメウ・リヴァーが「あらゆるヴィンテージで高得点」を獲得! ニュージーランド北島に本拠を置くクメウ・リヴァーとブルゴーニュのトップドメーヌの古いヴィンテージの試飲会で、 クメウ・リヴァーがあらゆるヴィンテージで高得点を得た。 ニール・マーティンが、英国の輸入元ファー・ヴィントナーズで行われた試飲会の模様をワイン・アドヴォケートで発表した。クメウ・リヴァーはユーゴスラビアから移住してきたブラコヴィッチ家が、 オークランド北のクメウ地区 に設立した。醸造責任者のマイケル・ブラコヴィッチ氏は1989年、 ニュージーランド初のマスター・オブ・ワインとなった。 試飲会は2012、2010、2009、2007の4フライトで行われた。 2012はクメウのエステート・シャルドネが91点を得て、ルフレーヴ、ソゼのピュリニー・モンラッシェなどを上回った。 2010はクメウのコディントン・ヴィンヤードが92点。フォンテーヌ・ガニャールのシャサーニュ・モンラッシェ・ヴェルジェと同点で、マルキ・ド・ラギッシュ、ミシェル・ニーヨンらの シャサーニュ・モンラッシェのプルミエクリュ畑名を上回った。 2009はクメウのマテズ・ヴィンヤードが93点。 コント・ラフォンのムルソー、ドルーアンとブシャールのムルソー・ペリエールを上回った。 2007はクメウのハンティングヒル・ヴィンヤードが94点。 ソゼ、ルイ・カリヨン、ドルーアンらのピュリニー・モンラッシェのプルミエクリュ畑名を上回った。 ブルゴーニュいくつかは状態が健全ではなかったが、 スクリューキャップのクメウは問題がなかった。 マーティン氏は 「世界で最高のいくつか」 と評した。 (参考資料:ワイン・レポート) そんな、ブルゴーニュをも脅かす存在とされた、このワインは、ニュージーランド、オークランドの、クメウ・リヴァーです。 1944年に設立、二代目で、このワイナリーの評価を上げた、マテ・ブラコヴィッチ氏は、ニュージーランドのワイン業界でも有名で、ニュージーランド・ワイン・インスティチュートの委員長も務めたほどの人物だとか。 1992年にマテ氏が他界し、その後は、彼の妻メルバと、3人の息子がワイナリーを守り、今もなお、その品質に、更なる磨きをかけています。 上記の事実が、そのゆるぎない品質を物語っているのは、間違いありません! しかも、今回ご紹介する、エステート・シャルドネは、4298円と、ルフレーヴやソゼのピュリニーは絶対買えない、お買い得価格! 私もブルゴーニュ・ワインは大好きです。でも、このワインを飲んで、しかも、この事実を知り… 『やばいよ、ブルゴーニュ…』 と、心配になってしまいました(汗) しかも! 今回、更にお手頃な、ヴィレッジ・シャルドネもご紹介しますが、これも私、しっかりと試飲会メモに 『程よくメリハリ、ミネラル◎』 と、コメントが♪ とにかく、ブルゴーニュ好きにも、ぜひぜひ、試して頂きたいワインです! 『ルフレーヴやソゼが負けた!?』 コスパ抜群のシャルドネ を、発見しました!!

ハンティング ヒル シャルドネ 2014 クメウ リヴァー 白ワイン S 人気定番,定番人気

ハンティング ヒル シャルドネ 2014 クメウ リヴァー 白ワイン S 人気定番,定番人気 —— 5,600円


アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド

■輸入元様資料より抜粋■ 手摘みで収穫後、房ごとプレス。 100%フレンチオークで野生酵母により発酵させます。 100%MLF発酵。 11ヶ月樽熟成。 隣のマテズ・ヴィンヤードと近い個性を持ち、 フローラル・ノート と控えめな繊細さを備えています。 ハンティング・ヒルの特徴は 清らかさ で、若いうちは硬く引き締まっており、熟成を経てその 力強さ や 凝縮感 が表れます。 4〜6年 寝かせると、さらに良くなります。 ■ワイン名(原語)/Hunting Hill Chardonnay Kumeu River Wines ■ブドウ品種/シャルドネ ■生産者名/クメウ・リヴァー ■産地/ニュージーランド/オークランド ■内容量/750ml ブルゴーニュのトップ・ドメーヌと、NZ北島のワイナリー、クメウ・リヴァーのシャルドネを比較試飲する試飲会が、英国の輸入元ファー・ヴィントナーズで行われました。 試飲会には、ジャンシス・ロビンソンMWやジェイミー・グッド、マシュー・ジュークスら英国のトップ・ライター14人が出席、2007/2009/2010/2012の4つのヴィンテージで、いずれもクメウ・リヴァーが一位に輝く(ひとつはタイ)という、快挙を収めました! クメウ・リヴァーが「あらゆるヴィンテージで高得点」を獲得! ニュージーランド北島に本拠を置くクメウ・リヴァーとブルゴーニュのトップドメーヌの古いヴィンテージの試飲会で、 クメウ・リヴァーがあらゆるヴィンテージで高得点を得た。 ニール・マーティンが、英国の輸入元ファー・ヴィントナーズで行われた試飲会の模様をワイン・アドヴォケートで発表した。クメウ・リヴァーはユーゴスラビアから移住してきたブラコヴィッチ家が、 オークランド北のクメウ地区 に設立した。醸造責任者のマイケル・ブラコヴィッチ氏は1989年、 ニュージーランド初のマスター・オブ・ワインとなった。 試飲会は2012、2010、2009、2007の4フライトで行われた。 2012はクメウのエステート・シャルドネが91点を得て、ルフレーヴ、ソゼのピュリニー・モンラッシェなどを上回った。 2010はクメウのコディントン・ヴィンヤードが92点。フォンテーヌ・ガニャールのシャサーニュ・モンラッシェ・ヴェルジェと同点で、マルキ・ド・ラギッシュ、ミシェル・ニーヨンらの シャサーニュ・モンラッシェのプルミエクリュ畑名を上回った。 2009はクメウのマテズ・ヴィンヤードが93点。 コント・ラフォンのムルソー、ドルーアンとブシャールのムルソー・ペリエールを上回った。 2007はクメウのハンティングヒル・ヴィンヤードが94点。 ソゼ、ルイ・カリヨン、ドルーアンらのピュリニー・モンラッシェのプルミエクリュ畑名を上回った。 ブルゴーニュいくつかは状態が健全ではなかったが、 スクリューキャップのクメウは問題がなかった。 マーティン氏は 「世界で最高のいくつか」 と評した。 (参考資料:ワイン・レポート) そんな、ブルゴーニュをも脅かす存在とされた、このワインは、ニュージーランド、オークランドの、クメウ・リヴァーです。 1944年に設立、二代目で、このワイナリーの評価を上げた、マテ・ブラコヴィッチ氏は、ニュージーランドのワイン業界でも有名で、ニュージーランド・ワイン・インスティチュートの委員長も務めたほどの人物だとか。 1992年にマテ氏が他界し、その後は、彼の妻メルバと、3人の息子がワイナリーを守り、今もなお、その品質に、更なる磨きをかけています。 上記の事実が、そのゆるぎない品質を物語っているのは、間違いありません! しかも、今回ご紹介する、エステート・シャルドネは、4298円と、ルフレーヴやソゼのピュリニーは絶対買えない、お買い得価格! 私もブルゴーニュ・ワインは大好きです。でも、このワインを飲んで、しかも、この事実を知り… 『やばいよ、ブルゴーニュ…』 と、心配になってしまいました(汗) しかも! 今回、更にお手頃な、ヴィレッジ・シャルドネもご紹介しますが、これも私、しっかりと試飲会メモに 『程よくメリハリ、ミネラル◎』 と、コメントが♪ とにかく、ブルゴーニュ好きにも、ぜひぜひ、試して頂きたいワインです! 『ルフレーヴやソゼが負けた!?』 コスパ抜群のシャルドネ を、発見しました!!

ハンティング ヒル シャルドネ 2014 クメウ リヴァー 白ワイン S 限定SALE

ハンティング ヒル シャルドネ 2014 クメウ リヴァー 白ワイン S 限定SALE —— 5,600円


アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド

■輸入元様資料より抜粋■ 一部は全房醗酵。 醗酵は野生酵母 によります。熟成は 最新の酸素透過性を持つプラスティック製のタンク (Flex Tank)で6ヶ月間行われます。 清澄、フィルターはしていません 。酸化防止剤SO2はボトリング時のみごく僅かの添加です。 INFORMATIONNameBarossa Joven Smallfry Winesブドウ品種テンプラニーリョ45%/グルナッシュ40%/モナストレル8%/バスタルド5%/ティンタ・アメリア2%生産者名スモールフライ ワインズ産地オーストラリア/南オーストラリア/バロッサ・ヴァレーRegionAustralia/South Australia/Barossa Valley内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating

バロッサ ジョベン 2017 スモールフライ ワインズ 赤ワイン tp S 爆買い,新品

バロッサ ジョベン 2017 スモールフライ ワインズ 赤ワイン tp S 爆買い,新品 —— 3,600円


アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド

INFORMATIONNameBarossa Rose Smallfry Winesブドウ品種サンソー生産者名スモールフライ ワインズ産地オーストラリア/南オーストラリア/バロッサ・ヴァレーRegionAustralia/South Australia/Barossa Valley内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating

バロッサ ロゼ 2017 スモールフライ ワインズ ロゼワイン tp S 大得価,低価

バロッサ ロゼ 2017 スモールフライ ワインズ ロゼワイン tp S 大得価,低価 —— 3,600円


アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド

■輸入元様資料より抜粋■ エレガントなアメリカンオーク と 熟したプラム 、スパイシーな力強い香り。 プラム や ブラックチェリー を思わせる味わいはパワフルな強さを感じるが、オークが優しく包み込み パワフルな果実味に溶け込んで複雑で深い味わい 。 ◇香港インターナショナル・ワイン・ショーで 金賞受賞! ◇ヴィクトリア州・トップシラーズ60本の中で ベスト・シラーズに輝く INFORMATIONNameHeathecote Shiraz Hanging Rock Wineryブドウ品種シラーズ生産者名ハンギング ロック ワイナリー産地オーストラリア/ヴィクトリア/マセドンRegionAustralia/Victoria/Macedon内容量750mlWA93/Issue 30th Oct 2018 WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating POPで美味いオーストラリア登場!! 国土の広さ、その人種の多様性と同じく、様々なワインを生み出しているオーストラリア。 オーストラリア・ワイン造りのスタートは、1788年、ニュー・サウス・ウェールズ州にキャプテン・アーサー・フィリップが行った植樹から始まったと言われ、国としての歴史と、ほぼ時を同じくして始まりました。 現在、大小、数多くのワイナリーがある中でも、オーストラリア・ワイン界で、その名を知らぬ者は居ないほどの存在の二つのワイナリーがあります。 ひとつは、古い歴史を持ち、デイリーなワインから、オークション・クラスのワインまでを生み出す老舗ティレルズ。もうひとつは、設立から約30年、品質の高さ、規模の大きさで名を馳せるローズマウント・エステイト。 この2つのワイナリーの歴史に、不可欠な2人。それが、現在、ハンギング・ロック・ワイナリーを所有する、ジョン・エリスとアン・エリスです。 夫、ジョン・エリス。ローズマウント・エステイトの初代ワイン・メーカーであり、ローズマウント・エステイトの地位を確立した人物です。その他のワイナリーでも、彼の手により、数々の素晴らしいワインが世に送り出されてきました。 『彼の元で働けるなんて、本当に幸せだよ。』現在、畑の管理責任者である、ベンは、ジョンと働ける事をとても誇りにしていました。 妻、アン・エリス。彼女の実家は、実は、老舗ティレルズなのです。(現在、彼女の兄がティレルズを経営しています。)かつて自らもアシスタント・ワイン・メーカーとして活躍、正に生まれながらに、ワインと共に歩んできた人です。 この2人が出会い、二人の夢が形になったのが、ハンギング・ロック・ワイナリーです。1982年設立。ジョンは現在、ハンギング・ロックの主任ワイン・メーカーをしながら、他のワイナリーのコンサルティングもしています。アニー(アンは周りからこう呼ばれています。)は、今、ハンギング・ロック・ワイナリーのまとめ役的存在のママです。 ハンギング・ロック・ワイナリーがある、マセドンは、ヴィクトリア州メルボルンから、車で約一時間の所にあります。中小規模のワイナリーばかりであるため、生産量がさほど多くなく、ヴィクトリア州のレストランやメルボルンのショップに卸される事が多いため、ワイン産地としての知名度はあまり高くありませんが、ハンギング・ロックの他にも、高く評価されるワイナリーが存在する地域です。 ハンギング・ロック・ワイナリーは、現在、ブレンド、単一品種、どちらのワインも、そのブドウ品種にあった場所で育ったブドウから、ブドウの個性を引き出したワイン造りで、高く評価されています。 さほど大きな規模ではないにも関わらず、そのワインは、イギリスやアメリカ、イタリア、アジアからも引き合いがあり、カジュアルなものから、限定生産ワインまで既に世界にファンを持っています。 ────────────────────────────────── ■■ ジェームス・ハリディ氏著『オーストラリア& ニュージーランド・ワイン・コンパニオン』より抜粋 ■■ ────────────────────────────────── ハンギング・ロック・ワイナリー マセドン地区は、葡萄栽培地域として、気候的に極限の場所にある。ハンギング・ロックを向こうに望み、美しい景観を持つ、ハンギング・ロック・ワイナリーも、その例に漏れない。 ジョン・エリスは、その点を踏まえ、ヴィクトリア州各地からの厳選したブドウを使用する事で、多様性、個性、魅力あるワインを生み出している。 低価格帯のロック・ホワイト、ロック・レッドは、その鮮烈なラベルで、特に人気が高い。 ★★★☆ ────────────────────────────────── ハンギング・ロックの名は、このワイナリーから眺める事の出来る岩山『ハンギング・ロック』から名付けられました。地元の人もハイキングに出掛けるその山は、昔『ピクニック・アット・ハンギング・ロック』と言う映画の舞台にもなった場所です。 2001年の収穫期、私はこのワイナリーで、家族、スタッフと共に生活を共にし、働き、ハンギング・ロックのワインにより深く触れる機会がありました。 ひとつの家族のように、楽しく働くスタッフ、ひと度、ブドウが運び込まれてくると、深夜まで働く事もいとわない姿勢。 ヴィンテージ・ワインや各国のワインも楽しむ、広い見識、柔軟な姿勢にふれ、彼らのワインの原点を知った事で、いつか、皆さ んに、ここのワインを飲んで頂きたいと、ずっと思っていました。 裏山には、野生のカンガルーがヒョッコリ現れることもある、自然に囲まれたワイナリーは、近郊から、多くの人が車で訪れ、その景色を楽しみ、ワインを買って帰ります。多様性のある、オーストラリアの気候、土壌を生かして生み出される、ハンギング・ロック・ワイナリーのワイン。 ジョンとアニーの2人、それを支える温かなスタッフが居るからこそ、こんなワインを生み出す事が出来るのです。 ※どのワインも、ブドウの良さが前面に出ています。

ヒースコート シラーズ 2012 ハンギング ロック ワイナリー 赤ワイン 大得価,品質保証

ヒースコート シラーズ 2012 ハンギング ロック ワイナリー 赤ワイン 大得価,品質保証 —— 6,400円


アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド

■輸入元様資料より抜粋■ エレガントなアメリカンオーク と 熟したプラム 、スパイシーな力強い香り。 プラム や ブラックチェリー を思わせる味わいはパワフルな強さを感じるが、オークが優しく包み込み パワフルな果実味に溶け込んで複雑で深い味わい 。 ◇香港インターナショナル・ワイン・ショーで 金賞受賞! ◇ヴィクトリア州・トップシラーズ60本の中で ベスト・シラーズに輝く INFORMATIONNameHeathecote Shiraz Hanging Rock Wineryブドウ品種シラーズ生産者名ハンギング ロック ワイナリー産地オーストラリア/ヴィクトリア/マセドンRegionAustralia/Victoria/Macedon内容量750mlWA93/Issue 30th Oct 2018 WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating POPで美味いオーストラリア登場!! 国土の広さ、その人種の多様性と同じく、様々なワインを生み出しているオーストラリア。 オーストラリア・ワイン造りのスタートは、1788年、ニュー・サウス・ウェールズ州にキャプテン・アーサー・フィリップが行った植樹から始まったと言われ、国としての歴史と、ほぼ時を同じくして始まりました。 現在、大小、数多くのワイナリーがある中でも、オーストラリア・ワイン界で、その名を知らぬ者は居ないほどの存在の二つのワイナリーがあります。 ひとつは、古い歴史を持ち、デイリーなワインから、オークション・クラスのワインまでを生み出す老舗ティレルズ。もうひとつは、設立から約30年、品質の高さ、規模の大きさで名を馳せるローズマウント・エステイト。 この2つのワイナリーの歴史に、不可欠な2人。それが、現在、ハンギング・ロック・ワイナリーを所有する、ジョン・エリスとアン・エリスです。 夫、ジョン・エリス。ローズマウント・エステイトの初代ワイン・メーカーであり、ローズマウント・エステイトの地位を確立した人物です。その他のワイナリーでも、彼の手により、数々の素晴らしいワインが世に送り出されてきました。 『彼の元で働けるなんて、本当に幸せだよ。』現在、畑の管理責任者である、ベンは、ジョンと働ける事をとても誇りにしていました。 妻、アン・エリス。彼女の実家は、実は、老舗ティレルズなのです。(現在、彼女の兄がティレルズを経営しています。)かつて自らもアシスタント・ワイン・メーカーとして活躍、正に生まれながらに、ワインと共に歩んできた人です。 この2人が出会い、二人の夢が形になったのが、ハンギング・ロック・ワイナリーです。1982年設立。ジョンは現在、ハンギング・ロックの主任ワイン・メーカーをしながら、他のワイナリーのコンサルティングもしています。アニー(アンは周りからこう呼ばれています。)は、今、ハンギング・ロック・ワイナリーのまとめ役的存在のママです。 ハンギング・ロック・ワイナリーがある、マセドンは、ヴィクトリア州メルボルンから、車で約一時間の所にあります。中小規模のワイナリーばかりであるため、生産量がさほど多くなく、ヴィクトリア州のレストランやメルボルンのショップに卸される事が多いため、ワイン産地としての知名度はあまり高くありませんが、ハンギング・ロックの他にも、高く評価されるワイナリーが存在する地域です。 ハンギング・ロック・ワイナリーは、現在、ブレンド、単一品種、どちらのワインも、そのブドウ品種にあった場所で育ったブドウから、ブドウの個性を引き出したワイン造りで、高く評価されています。 さほど大きな規模ではないにも関わらず、そのワインは、イギリスやアメリカ、イタリア、アジアからも引き合いがあり、カジュアルなものから、限定生産ワインまで既に世界にファンを持っています。 ────────────────────────────────── ■■ ジェームス・ハリディ氏著『オーストラリア& ニュージーランド・ワイン・コンパニオン』より抜粋 ■■ ────────────────────────────────── ハンギング・ロック・ワイナリー マセドン地区は、葡萄栽培地域として、気候的に極限の場所にある。ハンギング・ロックを向こうに望み、美しい景観を持つ、ハンギング・ロック・ワイナリーも、その例に漏れない。 ジョン・エリスは、その点を踏まえ、ヴィクトリア州各地からの厳選したブドウを使用する事で、多様性、個性、魅力あるワインを生み出している。 低価格帯のロック・ホワイト、ロック・レッドは、その鮮烈なラベルで、特に人気が高い。 ★★★☆ ────────────────────────────────── ハンギング・ロックの名は、このワイナリーから眺める事の出来る岩山『ハンギング・ロック』から名付けられました。地元の人もハイキングに出掛けるその山は、昔『ピクニック・アット・ハンギング・ロック』と言う映画の舞台にもなった場所です。 2001年の収穫期、私はこのワイナリーで、家族、スタッフと共に生活を共にし、働き、ハンギング・ロックのワインにより深く触れる機会がありました。 ひとつの家族のように、楽しく働くスタッフ、ひと度、ブドウが運び込まれてくると、深夜まで働く事もいとわない姿勢。 ヴィンテージ・ワインや各国のワインも楽しむ、広い見識、柔軟な姿勢にふれ、彼らのワインの原点を知った事で、いつか、皆さ んに、ここのワインを飲んで頂きたいと、ずっと思っていました。 裏山には、野生のカンガルーがヒョッコリ現れることもある、自然に囲まれたワイナリーは、近郊から、多くの人が車で訪れ、その景色を楽しみ、ワインを買って帰ります。多様性のある、オーストラリアの気候、土壌を生かして生み出される、ハンギング・ロック・ワイナリーのワイン。 ジョンとアニーの2人、それを支える温かなスタッフが居るからこそ、こんなワインを生み出す事が出来るのです。 ※どのワインも、ブドウの良さが前面に出ています。

ヒースコート シラーズ 2012 ハンギング ロック ワイナリー 赤ワイン 激安大特価,SALE

ヒースコート シラーズ 2012 ハンギング ロック ワイナリー 赤ワイン 激安大特価,SALE —— 6,400円


アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド

チェリーやスパイス、バラ のような赤い花を思わせる心地よい香りが、 柔らかに広がる香り と、味わいにはふくらみと しなやかさ が両立しています。 余韻も長く、アロマティックで、 ピノ・ノワールらしい色気 のある魅力的な1本です。 (2016年2月15日試飲) ※2014ヴィンテージについてのコメントです。 INFORMATIONNamePearson's Vineyard Pinot Noir Koyama Winesブドウ品種ピノ・ノワール生産者名コヤマ・ワインズ産地ニュージーランド/ワイパラRegionNew Zealand/Waipara内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 《大和魂》で NZピノの歴史に、 新たな1ページを刻む! 既に今、多くの日本人が海外でワイン造りに携わり、重要な役割を果たしている人も、少なからずいます。 ですが、自らのワインを手掛けるにまで至る方は、ごく僅か。 才能と努力、チャンス、そして、運など、あらゆる意味で、自らが道を切り拓いた人だけが、その機会を得ることが出来るもの。 そんな中、新たに 自らのワインをリリース するに至った 日本人 が登場です! しかも… 今まであまり、ご紹介する機会のなかった ピノ・ノワール を、ブルゴーニュに次ぐ、ピノ・ノワールの第二の故郷ともいえる、ニュージーランドで手掛ける、 小山竜宇(こやま たかひろ)氏 の記念すべき初リリースです! 海外経験も豊富な小山氏は… 『物を造る仕事がしたい!』 との思いから、ワインとの時間がふと蘇り、ワイン造りを志すに至り、その後、NZにわたり、リンカーン大学葡萄栽培ワイン醸造学部に在学中から、ピノ・ノワールなどのワインで名高い、マウントフォードで働き始めます。 途中、イタリアやトスカーナ、ドイツなどで経験を積み、大学卒業後の2007年、アシスタント・ワイン・メーカーとして、マウントフォードに就職。 その後も更に、カリフォルニア・ピノの先駆者である、オー・ボン・クリマなどでも経験を積むなど、貪欲に学び、自らの経験とイメージを形にしてきました。 そんな小山氏が、遂に、自らのワインをリリースすると知ったのは、2009年のこと。 話を伺い、楽しみにしていたワインがようやく入荷し、このお披露目も兼ねて、来日した小山氏に、お話を伺いました! 花のような香り や、 ベリーのアロマ などが綺麗に香り、旨みはありながらも、濃すぎることの無い、小山氏のピノ・ノワール。マウントフォードよりも エレガント なスタイルを意識されているようですが、そのことが実感できる味わいに、初リリースの確かな手ごたえを感じました。 実は… 彼の買っている葡萄の区画は、 他のワイナリーも欲しがる 、畑のプロフェッショナルで、かつて、他のワイナリーの栽培責任者として働いた後、独立した、グエン氏の畑のブドウなのだとか♪ なんと、グエン氏、そんな引く手あまたの畑にも関わらず、小山氏に… 『希望の区画を選んで良いよ。』 と、言ったとか! 【その理由】 『実は、グエン氏はかつて、日本でラグビーを教えていた事があるそうで、非常に協力的なんです。』 と、小山氏は謙遜していましたが、当然ながら、彼のワイン造りに対する 真摯な姿勢 と、 才能 を認めたからこそ、グエン氏がそこまで言ったのだと思います。 パワーのあるラベルは、小山氏の知り合いの、日本の有名な企業で活躍する方がデザインしたそうです。 才能と努力 、 チャンス 、そして、 運 。小山氏が切り拓いてきた結果が、1本のワインとなり、晴れて、初リリースを迎えました。 待望の初リリース! NZピノの新たなる1ページです!!

ピアソンズ ヴィンヤード ピノ ノワール 2016 コヤマ ワインズ 赤ワイン 100%新品,人気SALE

ピアソンズ ヴィンヤード ピノ ノワール 2016 コヤマ ワインズ 赤ワイン 100%新品,人気SALE —— 4,600円


アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド

チェリーやスパイス、バラ のような赤い花を思わせる心地よい香りが、 柔らかに広がる香り と、味わいにはふくらみと しなやかさ が両立しています。 余韻も長く、アロマティックで、 ピノ・ノワールらしい色気 のある魅力的な1本です。 (2016年2月15日試飲) ※2014ヴィンテージについてのコメントです。 INFORMATIONNamePearson's Vineyard Pinot Noir Koyama Winesブドウ品種ピノ・ノワール生産者名コヤマ・ワインズ産地ニュージーランド/ワイパラRegionNew Zealand/Waipara内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 《大和魂》で NZピノの歴史に、 新たな1ページを刻む! 既に今、多くの日本人が海外でワイン造りに携わり、重要な役割を果たしている人も、少なからずいます。 ですが、自らのワインを手掛けるにまで至る方は、ごく僅か。 才能と努力、チャンス、そして、運など、あらゆる意味で、自らが道を切り拓いた人だけが、その機会を得ることが出来るもの。 そんな中、新たに 自らのワインをリリース するに至った 日本人 が登場です! しかも… 今まであまり、ご紹介する機会のなかった ピノ・ノワール を、ブルゴーニュに次ぐ、ピノ・ノワールの第二の故郷ともいえる、ニュージーランドで手掛ける、 小山竜宇(こやま たかひろ)氏 の記念すべき初リリースです! 海外経験も豊富な小山氏は… 『物を造る仕事がしたい!』 との思いから、ワインとの時間がふと蘇り、ワイン造りを志すに至り、その後、NZにわたり、リンカーン大学葡萄栽培ワイン醸造学部に在学中から、ピノ・ノワールなどのワインで名高い、マウントフォードで働き始めます。 途中、イタリアやトスカーナ、ドイツなどで経験を積み、大学卒業後の2007年、アシスタント・ワイン・メーカーとして、マウントフォードに就職。 その後も更に、カリフォルニア・ピノの先駆者である、オー・ボン・クリマなどでも経験を積むなど、貪欲に学び、自らの経験とイメージを形にしてきました。 そんな小山氏が、遂に、自らのワインをリリースすると知ったのは、2009年のこと。 話を伺い、楽しみにしていたワインがようやく入荷し、このお披露目も兼ねて、来日した小山氏に、お話を伺いました! 花のような香り や、 ベリーのアロマ などが綺麗に香り、旨みはありながらも、濃すぎることの無い、小山氏のピノ・ノワール。マウントフォードよりも エレガント なスタイルを意識されているようですが、そのことが実感できる味わいに、初リリースの確かな手ごたえを感じました。 実は… 彼の買っている葡萄の区画は、 他のワイナリーも欲しがる 、畑のプロフェッショナルで、かつて、他のワイナリーの栽培責任者として働いた後、独立した、グエン氏の畑のブドウなのだとか♪ なんと、グエン氏、そんな引く手あまたの畑にも関わらず、小山氏に… 『希望の区画を選んで良いよ。』 と、言ったとか! 【その理由】 『実は、グエン氏はかつて、日本でラグビーを教えていた事があるそうで、非常に協力的なんです。』 と、小山氏は謙遜していましたが、当然ながら、彼のワイン造りに対する 真摯な姿勢 と、 才能 を認めたからこそ、グエン氏がそこまで言ったのだと思います。 パワーのあるラベルは、小山氏の知り合いの、日本の有名な企業で活躍する方がデザインしたそうです。 才能と努力 、 チャンス 、そして、 運 。小山氏が切り拓いてきた結果が、1本のワインとなり、晴れて、初リリースを迎えました。 待望の初リリース! NZピノの新たなる1ページです!!

ピアソンズ ヴィンヤード ピノ ノワール 2016 コヤマ ワインズ 赤ワイン 定番,人気SALE

ピアソンズ ヴィンヤード ピノ ノワール 2016 コヤマ ワインズ 赤ワイン 定番,人気SALE —— 4,600円


アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド

チェリーやスパイス、バラ のような赤い花を思わせる心地よい香りが、 柔らかに広がる香り と、味わいにはふくらみと しなやかさ が両立しています。 余韻も長く、アロマティックで、 ピノ・ノワールらしい色気 のある魅力的な1本です。 (2016年2月15日試飲) ※2014ヴィンテージについてのコメントです。 INFORMATIONNamePearson's Vineyard Pinot Noir Koyama Winesブドウ品種ピノ・ノワール生産者名コヤマ・ワインズ産地ニュージーランド/ワイパラRegionNew Zealand/Waipara内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 《大和魂》で NZピノの歴史に、 新たな1ページを刻む! 既に今、多くの日本人が海外でワイン造りに携わり、重要な役割を果たしている人も、少なからずいます。 ですが、自らのワインを手掛けるにまで至る方は、ごく僅か。 才能と努力、チャンス、そして、運など、あらゆる意味で、自らが道を切り拓いた人だけが、その機会を得ることが出来るもの。 そんな中、新たに 自らのワインをリリース するに至った 日本人 が登場です! しかも… 今まであまり、ご紹介する機会のなかった ピノ・ノワール を、ブルゴーニュに次ぐ、ピノ・ノワールの第二の故郷ともいえる、ニュージーランドで手掛ける、 小山竜宇(こやま たかひろ)氏 の記念すべき初リリースです! 海外経験も豊富な小山氏は… 『物を造る仕事がしたい!』 との思いから、ワインとの時間がふと蘇り、ワイン造りを志すに至り、その後、NZにわたり、リンカーン大学葡萄栽培ワイン醸造学部に在学中から、ピノ・ノワールなどのワインで名高い、マウントフォードで働き始めます。 途中、イタリアやトスカーナ、ドイツなどで経験を積み、大学卒業後の2007年、アシスタント・ワイン・メーカーとして、マウントフォードに就職。 その後も更に、カリフォルニア・ピノの先駆者である、オー・ボン・クリマなどでも経験を積むなど、貪欲に学び、自らの経験とイメージを形にしてきました。 そんな小山氏が、遂に、自らのワインをリリースすると知ったのは、2009年のこと。 話を伺い、楽しみにしていたワインがようやく入荷し、このお披露目も兼ねて、来日した小山氏に、お話を伺いました! 花のような香り や、 ベリーのアロマ などが綺麗に香り、旨みはありながらも、濃すぎることの無い、小山氏のピノ・ノワール。マウントフォードよりも エレガント なスタイルを意識されているようですが、そのことが実感できる味わいに、初リリースの確かな手ごたえを感じました。 実は… 彼の買っている葡萄の区画は、 他のワイナリーも欲しがる 、畑のプロフェッショナルで、かつて、他のワイナリーの栽培責任者として働いた後、独立した、グエン氏の畑のブドウなのだとか♪ なんと、グエン氏、そんな引く手あまたの畑にも関わらず、小山氏に… 『希望の区画を選んで良いよ。』 と、言ったとか! 【その理由】 『実は、グエン氏はかつて、日本でラグビーを教えていた事があるそうで、非常に協力的なんです。』 と、小山氏は謙遜していましたが、当然ながら、彼のワイン造りに対する 真摯な姿勢 と、 才能 を認めたからこそ、グエン氏がそこまで言ったのだと思います。 パワーのあるラベルは、小山氏の知り合いの、日本の有名な企業で活躍する方がデザインしたそうです。 才能と努力 、 チャンス 、そして、 運 。小山氏が切り拓いてきた結果が、1本のワインとなり、晴れて、初リリースを迎えました。 待望の初リリース! NZピノの新たなる1ページです!!

ピアソンズ ヴィンヤード ピノ ノワール 2016 コヤマ ワインズ 赤ワイン 限定SALE,セール

ピアソンズ ヴィンヤード ピノ ノワール 2016 コヤマ ワインズ 赤ワイン 限定SALE,セール —— 4,600円


アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド

■輸入元様資料より抜粋■ 栽培: ロー・バーン地区にあるピサ・テラス・ヴィンヤード。クローン;ディジョン115、Abel、クローン5。 浅い表土で覆われた水はけのよいシルトに砂利、灰色硬砂岩、片岩、石英が混じる。VSP仕立て。 ビオグロ有機認証の畑 。 ヴィンテージ特徴: シーズンを通して比較的涼しく 、 夏の気候は穏やかであった 。春から夏までの積算温度が低く、強風と疾風により蔓の成長は停止し、春の気候は不安定で短かかった。 夏の非常に乾燥した気候 の中、着果時に粒の大きさや数においてばらつきが出て、実の熟度も様々であった。 ピノ・ノワールのヴェレゾンは2月初旬に始まり、白品種は2週目に続いた。乾燥した暖かい気候は3月初旬まで続いたが、2週目から気象パターンが変わり、気温は下がり始めた。3月3週目と4週目の曇った吹き荒れた天候が収穫のタイミングまで続いた。 熟成: 発酵槽を4つに分け、2つはすべて除梗、残り2つは全房発酵(全体の4割が全房)。 開放式発酵槽で 自然発酵 (発酵前と発酵中は酵素、亜硫酸添加はなし)。 INFORMATIONNameSato Pinot Noir Pisa Terraceブドウ品種ピノ・ノワール生産者名サトウ ワインズ産地ニュージーランド/セントラルオタゴRegionNew Zealand/Central Otago内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating

ピサ テラス ピノ ノワール 2015 サトウ ワインズ 赤ワイン 豊富な,人気セール

ピサ テラス ピノ ノワール 2015 サトウ ワインズ 赤ワイン 豊富な,人気セール —— 5,800円


アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド

■輸入元様資料より抜粋■ 栽培: ロー・バーン地区にあるピサ・テラス・ヴィンヤード。クローン;ディジョン115、Abel、クローン5。 浅い表土で覆われた水はけのよいシルトに砂利、灰色硬砂岩、片岩、石英が混じる。VSP仕立て。 ビオグロ有機認証の畑 。 ヴィンテージ特徴: シーズンを通して比較的涼しく 、 夏の気候は穏やかであった 。春から夏までの積算温度が低く、強風と疾風により蔓の成長は停止し、春の気候は不安定で短かかった。 夏の非常に乾燥した気候 の中、着果時に粒の大きさや数においてばらつきが出て、実の熟度も様々であった。 ピノ・ノワールのヴェレゾンは2月初旬に始まり、白品種は2週目に続いた。乾燥した暖かい気候は3月初旬まで続いたが、2週目から気象パターンが変わり、気温は下がり始めた。3月3週目と4週目の曇った吹き荒れた天候が収穫のタイミングまで続いた。 熟成: 発酵槽を4つに分け、2つはすべて除梗、残り2つは全房発酵(全体の4割が全房)。 開放式発酵槽で 自然発酵 (発酵前と発酵中は酵素、亜硫酸添加はなし)。 INFORMATIONNameSato Pinot Noir Pisa Terraceブドウ品種ピノ・ノワール生産者名サトウ ワインズ産地ニュージーランド/セントラルオタゴRegionNew Zealand/Central Otago内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating

ピサ テラス ピノ ノワール 2015 サトウ ワインズ 赤ワイン 限定セール

ピサ テラス ピノ ノワール 2015 サトウ ワインズ 赤ワイン 限定セール —— 5,800円


アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド

漫画『神の雫』に登場! 『豪州のロマネ・コンティ!』 と言われた、リザーヴ・ピノ・ノワールを手掛ける、 コールドストリーム・ヒルズ 。 以前、取扱いのあった輸入元さんが輸入を取りやめてしまい、 泣く泣く販売終了に…(涙) しかし! 先日、週刊モーニング2018.5.24号』に掲載された、 漫画『神の雫〜マリアージュ〜』 を見ていると、 スタンダードキュベ が登場してるではありませんか(驚) 直ぐに新しい輸入元さんにコンタクトを取って、 念願の販売再開(^_^)v 残念ながら、リザーヴは輸入してないとの事ですが、こちらも長年タカムラで売れ続けていた 確かな実績があります! オーストラリア・ピノ・ノワールの品質を知らしめた1本、 待望の復活です!! INFORMATIONNamePinot Noir Coldstream Hillsブドウ品種ピノ・ノワール100%生産者名コールド・ストリーム・ヒルズ産地オーストラリア/ヴィクトリアRegionAustralia/Victoria内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating

ピノ ノワール 2017 コールドストリーム ヒルズ 赤ワイン 大人気,お買い得

ピノ ノワール 2017 コールドストリーム ヒルズ 赤ワイン 大人気,お買い得 —— 3,500円


アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド

『こんなの見たことありますか?』 バス フィリップ と聞けば、高額なピノノワールを連想される方も多いと思います。 でも、 ピノノワール100% で ロゼも造っているのです! 聞くところによると、オーストラリアのレストランでは、かなり人気らしいです♪ ワイン好きが集まる会に持参すると、かなり盛り上がりそうです! INFORMATIONNamePinot Noire Rose Bass Phillipブドウ品種ピノ ノワール生産者名バス・フィリップ産地オーストラリア/ヴィクトリア/ギプスランドRegionAustralia/Victoria/Gippsland内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating オーストラリアの アンリ・ジャイエ!? 豪州随一の造り手! 大胆な発言かもしれません。 でも、 オーストラリアでひとり 例えるなら、私は彼を挙げたいと思います。 生み出すワイン、その歴史、哲学のあるワイン造り。どれをとっても、やっぱり 『普通じゃない』オーラ をヒシヒシと感じます。 その人の名は、フィリップ・ジョーンズ。バス・フィリップと言う名のワイナリーのオーナーです。 彼との出会いは、日本で行われた、数年前のオーストラリア・ワインの展示会での事でした。 『あっ、何だか美味しそうなピノ♪』 何気に差し出したグラスに注がれたそのワインの香りに、 ショックに近い驚き を受けたのは言うまでもありません。 『このピノ、凄いかも…この人、何者?』 既に長年にわたりキャリアを積んだであろう氏の朗々と語るその姿に、一瞬にして惹き付けられました。 そこにはたった2種のピノしかなかったにも関わらず、彼のワインが、間違いなくすごいものである事は 確信 できました。 その時、あまりの驚き、賑わいを見せた会場の喧騒の中、忙しそうな彼とは少ししか話せませんでしたが、帰ってからもますますその味わいの記憶は鮮明になるばかり。 後になって、彼のワインが カリスマ的存在 である事、日本未輸入のこのワインを、輸入を手掛ける人々が、こぞって狙っていること、かつて、デュクリュ・ボーカイユのワインに魅了され、その後、大きな影響を受けたのは、 アンリ・ジャイエ のワインであり、今、彼がこの素晴らしいワインを手掛けているのに、多大なる影響を与えた人物その人が、やはりアンリ・ジャイエ氏であったことなど、様々な事を知りました。 が、その時、彼のワインは日本未輸入だったのです… 熱烈な日本のインポーターのラブコールに彼は応えてくれるのか。応えたくても、生産量の少なさゆえ、輸出を果たすことが出来るのか…。 そんな思いを抱えながら、一年近くが過ぎた頃、オーストラリアの展示会のため、シドニーに出向く機会に恵まれました。 こぞって名生産者が並ぶ中、最も端のブースに、バス・フィリップの名を発見! はやる気持ちを抑え、ひとりでに緩む頬を気にしつつ、向かったその先は、わざわざ出向かないと分からないであろう、ひっそりとした区画。 そして、そこに見える、ブースを取り囲む沢山の 人・人・人! 参加しているのは、殆どがオーストラリア現地のプロの人々です。そう、彼らは知っているのです。 この人の偉大さ 、このワインの美味しさを! しかも、嬉しいことに、ダンボールの裏に図を描き、熱心にワイン造りについて語るフィリップ氏。私の顔を覚えてくださっていたのです! お恥ずかしながら、嬉しさのあまり、 隠し切れない笑みが印象に残っていたとか(笑) その時、彼のワインが前回の二種だけでなく、シャルドネやガメイもあり、さらにはガメイがこれまた 『ピノ!?』 と思わせるエレガントな芳香、味わいである事にまたまたびっくり! 嬉しそうに飲む私を見て、現地の人も『お前、ここのワインの美味しさ知ってるのか?』と、悔しそう(笑) そう、知ってます。私だけでなく、ワイン好きが放っておくわけがありません。 そしてやっと、念願の日本入荷を果たしたのです! テロワールの考えを常に大事に、 独自のワイン哲学を究める 、フィリップ・ジョーンズ氏。 時には、エーカーあたり1トン以下という、非常に少ない収量。毎年の生産量もわずか数百ケースのみと極少々。全てに妥協をしない彼は、年によっては一樽分のみのリザーブワインが瓶詰めされるといったようなこともあるとか。 天然酵母、自然な栽培、醸造など、一切の手間を惜しまず、こだわりのワインだけを生み出す、バス・フィリップ。 とにかく、彼の存在、そのワインも、私にとっては 『オーストラリアのアンリ・ジャイエ』 と、呼びたくなる存在です。 とにかく、こだわり優先ですから、入荷はとってもとっても不安定です。来年本当に、またワインが入ってくるのか… 正直、オーストラリアまで引き取りに行きたいくらいです。

ピノ ノワール ロゼ 2016 バス フィリップ ロゼワイン キャップシール色違いありご指定不可 S 全国無料,安い

ピノ ノワール ロゼ 2016 バス フィリップ ロゼワイン キャップシール色違いありご指定不可 S 全国無料,安い —— 4,000円


アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド

『こんなの見たことありますか?』 バス フィリップ と聞けば、高額なピノノワールを連想される方も多いと思います。 でも、 ピノノワール100% で ロゼも造っているのです! 聞くところによると、オーストラリアのレストランでは、かなり人気らしいです♪ ワイン好きが集まる会に持参すると、かなり盛り上がりそうです! INFORMATIONNamePinot Noire Rose Bass Phillipブドウ品種ピノ ノワール生産者名バス・フィリップ産地オーストラリア/ヴィクトリア/ギプスランドRegionAustralia/Victoria/Gippsland内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating オーストラリアの アンリ・ジャイエ!? 豪州随一の造り手! 大胆な発言かもしれません。 でも、 オーストラリアでひとり 例えるなら、私は彼を挙げたいと思います。 生み出すワイン、その歴史、哲学のあるワイン造り。どれをとっても、やっぱり 『普通じゃない』オーラ をヒシヒシと感じます。 その人の名は、フィリップ・ジョーンズ。バス・フィリップと言う名のワイナリーのオーナーです。 彼との出会いは、日本で行われた、数年前のオーストラリア・ワインの展示会での事でした。 『あっ、何だか美味しそうなピノ♪』 何気に差し出したグラスに注がれたそのワインの香りに、 ショックに近い驚き を受けたのは言うまでもありません。 『このピノ、凄いかも…この人、何者?』 既に長年にわたりキャリアを積んだであろう氏の朗々と語るその姿に、一瞬にして惹き付けられました。 そこにはたった2種のピノしかなかったにも関わらず、彼のワインが、間違いなくすごいものである事は 確信 できました。 その時、あまりの驚き、賑わいを見せた会場の喧騒の中、忙しそうな彼とは少ししか話せませんでしたが、帰ってからもますますその味わいの記憶は鮮明になるばかり。 後になって、彼のワインが カリスマ的存在 である事、日本未輸入のこのワインを、輸入を手掛ける人々が、こぞって狙っていること、かつて、デュクリュ・ボーカイユのワインに魅了され、その後、大きな影響を受けたのは、 アンリ・ジャイエ のワインであり、今、彼がこの素晴らしいワインを手掛けているのに、多大なる影響を与えた人物その人が、やはりアンリ・ジャイエ氏であったことなど、様々な事を知りました。 が、その時、彼のワインは日本未輸入だったのです… 熱烈な日本のインポーターのラブコールに彼は応えてくれるのか。応えたくても、生産量の少なさゆえ、輸出を果たすことが出来るのか…。 そんな思いを抱えながら、一年近くが過ぎた頃、オーストラリアの展示会のため、シドニーに出向く機会に恵まれました。 こぞって名生産者が並ぶ中、最も端のブースに、バス・フィリップの名を発見! はやる気持ちを抑え、ひとりでに緩む頬を気にしつつ、向かったその先は、わざわざ出向かないと分からないであろう、ひっそりとした区画。 そして、そこに見える、ブースを取り囲む沢山の 人・人・人! 参加しているのは、殆どがオーストラリア現地のプロの人々です。そう、彼らは知っているのです。 この人の偉大さ 、このワインの美味しさを! しかも、嬉しいことに、ダンボールの裏に図を描き、熱心にワイン造りについて語るフィリップ氏。私の顔を覚えてくださっていたのです! お恥ずかしながら、嬉しさのあまり、 隠し切れない笑みが印象に残っていたとか(笑) その時、彼のワインが前回の二種だけでなく、シャルドネやガメイもあり、さらにはガメイがこれまた 『ピノ!?』 と思わせるエレガントな芳香、味わいである事にまたまたびっくり! 嬉しそうに飲む私を見て、現地の人も『お前、ここのワインの美味しさ知ってるのか?』と、悔しそう(笑) そう、知ってます。私だけでなく、ワイン好きが放っておくわけがありません。 そしてやっと、念願の日本入荷を果たしたのです! テロワールの考えを常に大事に、 独自のワイン哲学を究める 、フィリップ・ジョーンズ氏。 時には、エーカーあたり1トン以下という、非常に少ない収量。毎年の生産量もわずか数百ケースのみと極少々。全てに妥協をしない彼は、年によっては一樽分のみのリザーブワインが瓶詰めされるといったようなこともあるとか。 天然酵母、自然な栽培、醸造など、一切の手間を惜しまず、こだわりのワインだけを生み出す、バス・フィリップ。 とにかく、彼の存在、そのワインも、私にとっては 『オーストラリアのアンリ・ジャイエ』 と、呼びたくなる存在です。 とにかく、こだわり優先ですから、入荷はとってもとっても不安定です。来年本当に、またワインが入ってくるのか… 正直、オーストラリアまで引き取りに行きたいくらいです。

ピノ ノワール ロゼ 2016 バス フィリップ ロゼワイン キャップシール色違いありご指定不可 S 超激得,豊富な

ピノ ノワール ロゼ 2016 バス フィリップ ロゼワイン キャップシール色違いありご指定不可 S 超激得,豊富な —— 4,000円