アクメニネ 2015 セバスチャン リフォー 白ワイン S 新作,新品 ——3,500円


INFORMATION
NameSancerre Akmenine Sebastien Riffault
ブドウ品種ソーヴィニヨン・ブラン
生産者名セバスチャン リフォー
産地フランス/ロワール/サンセール
RegionFrance/Loire/Sancerre
内容量750ml
WA−/Issue −
WS−/Issue −

業界人もざわめく!
常識を超えた!?
ぶっとびサンセール!!

フランスのロワール地方サンセールといえば、爽やかで、涼やかな、ソーヴィニヨン・ブランの魅力を引き出した味わいをイメージする方が、多いはず。
実は、私もそうでした。
でも…
とあるワインに出会って、その常識は、覆されたのです!
そう、そのワインこそ、セバスチャン・リフォーのサンセールです!!
初めて、セバスチャン・リフォーのワインに出会った時、トロリとした黄金色に輝く美しい液体に、目が点に!
たちまち、虜になりました♪
更に、同じように衝撃を受けた人々の、こんな話をキャッチ♪♪


■セバスチャン・リフォーの巻き起こした衝撃!■

【衝撃その1】
東京の『ロワール・ワイン・コンテスト』で、第2位に輝いた某ソムリエールは、このワインのあまりの素晴らしさに、サンセールの固定概念を打ち崩されるほど衝撃を受けたとの話をキャッチ!
【衝撃その2】
東京で行われた、インポーターの営業さんが多く集まった会での事。
超有名なブルゴーニュ・ワインなども並ぶ中、全く無名の、セバスチャン・リフォーが、皆のハートを鷲づかみし、当日No.1の座を獲得!!
【衝撃その3】
業界向けの試飲会での事。
すっごい美味しいサンセールがある。』
むちゃくちゃ旨いサンセールがあったから早速押さえる。』
と、業界人の間で、セバスチャン・リフォーのワインの話題で持ちきりに!


そして、ご紹介してはや数年。数々のお客様にも、
衝撃の出会いを果たして頂きました。
では何故、彼が、このようなワインのスタイルに辿り着いたのでしょうか。


■輸入元様資料より抜粋■

セバスチャンの家系は何世代にもわたる農家で、麦や野菜などを栽培する他に酪農も営みチーズやバターを生産していました。本格的にワイン生産を始めたのは父親の代で、実家を継ぐ前に、数年間、ボジョレーにてワイン造りを経験、その後はパリのワインショップ『ラヴィーニャ』で働き、沢山の素晴らしい自然派ワインに出会います。
父親の代では2004年から全ての畑で有機栽培を、彼が戻ってからは、バイオダイナミクスに発展させ2007年に認証を取得。
彼のモットーは、《自分が飲みたくないものを造らない》ことです。
第一に健全なブドウを栽培しそれを完熟させることに注力します。収穫量を徹底して低く抑え発酵は自然のまま、従って全てのワインは100%マロラクティック発酵を終えています。
現在、ほぼ全てのサンセールは醸造時に亜硫酸を添加することで二次発酵の発生を抑え、フレッシュなリンゴ酸を残すように造られています。
その類いのサンセールを否定はしませんが、少なくとも彼自身は、とても風変わりでおよそサンセールらしからぬワインを造っているように思われたとしても、実のところは伝統的で、かつて50年以上前までは普通に造られていたサンセールの姿を再現することに努めているのです。
そのため、彼のワインには収穫時からビン詰めに至るまで、全く亜硫酸が添加されておりません。(ただし、クァルトロンだけはビン詰めの際に20mg/Lを添加)
近年は2006年から採用したバイオダイナミクスの結果が特に反映されつつあり、葡萄の凝縮感が極めて高いだけではなく綺麗な酸が感じられ、調和のとれたワインとなっております。


そうなんです。常識を覆す、と思っていたサンセールは、実は、原点回帰の味わいだったのです。
つまり、今、主流のスタイルと、セバスチャン・リフォーのスタイル。どっちも、サンセールの姿なんですね。
皆さんも、美味しい衝撃体験、して下さい!!

2007年〜カリテ・フランスのBIO認証を取得